• NEWS

亀梨和也がワケアリ部屋へお引越し!?『事故物件 恐い間取り』から戦慄写真が到着

2020年6月6日 06:00

“事故物件住みます芸人”として活躍する松原タニシのノンフィクション著書を、亀梨和也主演で映画化した『事故物件 恐い間取り』(8月28日公開)。6月6日=”恐怖の日”にあわせて、同作から戦慄の場面写真が解禁された。

事故物件に住み始めたヤマメの背後になにやら怪しげな気配が…
事故物件に住み始めたヤマメの背後になにやら怪しげな気配が…[c]2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

”事故物件”とは、殺人、自殺、火災による死亡事故などが起きたいわくつきの部屋。本作では、そんな事故物件に「テレビに出してやるから住んでみろ」とプロデューサーに無茶ぶりされ、住み始めた売れない芸人・山野ヤマメ(亀梨)が、得体の知れない現象に遭遇していく様が描かれる。

解禁された写真は、ヤマメが最初に住む、過去に一人暮らしの女性が殺されたという部屋での1コマ。一人でカメラを準備するヤマメにプロデューサーの松尾(木下ほうか)から電話が入る。物件の様子が気になる松尾だったが、電話越しのヤマメに奇妙な違和感を覚える…というシーンだ。
この部屋で撮られた映像にはなにかが映り込み、音声が乱れたりして番組も大盛り上がり。やがてさらなるネタを求めて事故物件を転々としていくヤマメは、やがて最恐の事故物件と遭遇する…。

そんな恐怖の物語を手掛けるのは『リング』(98)、『スマホを落としただけなのに』(18)などで知られるホラーの巨匠・中田秀夫。日常に潜む得体の知れない恐怖は、亀梨にどのように襲いかかるのか?背中をゾクゾクさせながら続報を待ちたい。

文/トライワークス

関連映画

関連映画ニュース