• TOP
  • ニュース
  • コロナ禍の4月…嵐はなにを思い、行動したのか?「ARASHI’s Diary」第9話が6月5日配信
  • NEWS

コロナ禍の4月…嵐はなにを思い、行動したのか?「ARASHI’s Diary」第9話が6月5日配信

2020年5月29日 17:00

国民的アイドルグループ「嵐」の素顔に迫る、Netflix独占配信のドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」。その第9話が、6月5日(金)午後4時より日本先行独占配信されることが決定した。解禁された予告編&場面写真には、コロナ禍でファンを思う相葉雅紀、松本潤、二宮和也、大野智、櫻井翔の5人がリモート会議で話し合う姿が映しだされている。

メンバーがそれぞれの自宅からリモート会議に参加し話し合う様子が映しだされる
メンバーがそれぞれの自宅からリモート会議に参加し話し合う様子が映しだされるNetflixにて全世界独占配信中

今回配信される第9話「2020年4月」は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令された前日の4月6日、嵐の5人がStay Homeを余儀なくされたファンに思いを馳せ、「いま、自分たちにできることはなにか?」を模索する様子を追っていく。

これまで9年開催し続けてきたチャリティイベント「嵐のワクワク学校」をオンラインで開校し、ファミリー向けの「リモート紙芝居」を企画するなど、ファンに寄り添ったコンテンツ配信を続けようと、スタッフとリモート会議を重ねる5人。そんな“チーム嵐”一丸で取り組む収録の日々、そして、それぞれの自宅から“すっぴん”で語る5人のいまの思いが、映像を通じて伝わってくる。

嵐の5人にとっても、中国・北京公演の中止、「アラフェス2020」の延期、スペシャルナビゲーターを務める東京2020オリンピック・パラリンピックの延期など、とても厳しい決断に見舞われたこの期間。悔しさと無念を滲ませつつも、いまできる限りのことに全力を尽くし、“ファンファースト”を貫いた1か月の記録を、ぜひ見届けてほしい。

文/トライワークス

関連映画ニュース