• TOP
  • ニュース
  • 亀梨和也主演『事故物件 恐い間取り』に総勢18名の追加キャスト!特報映像も公開
  • NEWS

亀梨和也主演『事故物件 恐い間取り』に総勢18名の追加キャスト!特報映像も公開

2020年5月26日 07:00

死亡事故などがあったいわくつきの部屋“事故物件”に住み、<事故物件住みます芸人>として活動する松原タニシ氏の著書「事故物件怪談 恐い間取り」を、『リング』(98)を筆頭に、最近では『スマホを落としただけなのに』(18)を大ヒットに導いた中田秀夫監督が映画化した『事故物件 恐い間取り』(8月28日公開)。本作のティザービジュアルと特報映像、そして主演を務める亀梨和也を取り巻く豪華18名のキャストが明らかになった。

【写真を見る】亀梨演じる主人公がおののき見据える先には…⁉
【写真を見る】亀梨演じる主人公がおののき見据える先には…⁉[c]2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」と、制作会社のプロデューサーから無茶ぶりされ、殺人事件が起きた事故物件に住むことになった売れない芸人・山野ヤマメ(亀梨)。
彼がその部屋で撮影した映像には白い“なにか”が映り込んでおり、番組は盛り上がりを見せる。さらなるネタほしさに事故物件を転々とし、怪奇現象に巻き込まれながらしだいに人気者になっていくヤマメ。だが、とある事故物件に住み始めた彼を、想像を絶する恐怖が襲う…。

公開されたティザービジュアルは、部屋の中でカメラを回していたヤマメが“あるモノ”を見つけて恐怖する姿とともに、「殺人・自殺・火災による死亡事故等があったいわくつきの部屋に1人の芸人が住んでみた、実話。」というコピーがインパクトのある赤い文字で加えられたもの。
また特報は、ヤマメが事故物件に住むきっかけとなったシーンから始まり、実際にいわくつきの部屋に住み始めた彼が、部屋にカメラをセッティングし初日の夜を迎える様子が描かれており、このあとに起こる恐怖を予感させるものになっている。

奈緒、瀬戸康史、木下ほうから個性豊かなキャストが出演!
奈緒、瀬戸康史、木下ほうから個性豊かなキャストが出演![c]2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

特報にも登場する、ヤマメを密かに応援するメイクアシスタントを奈緒が、ヤマメの相方を務める芸人を瀬戸康史が、また、ヤマメに事故物件に住むことを提案する制作会社プロデューサーを木下ほうかが演じることが明らかに。
このほか、江口のりこ、MEGUMI、真魚、瀧川英次、宇野祥平、高田純次、小手伸也、有野晋哉、濱口優、加藤諒、坂口涼太郎、中田クルミ、団長安田、クロちゃん、バービーといった多彩なキャストが集結し、物語を盛り上げる。

はたして、”最恐”の事故物件に住んだ芸人・ヤマメを襲う恐怖の正体とは…?まずは特報をチェックして、その恐怖の一端を覗いてほしい。

文/トライワークス

関連映画

関連映画ニュース