Movie Walker Top > Myページ > フジ三太郎 > レビューした映画

フジ三太郎
フジ三太郎
フォローする
映画力パラメーター
0MP
見たい映画 登録数
60MP
60MP
レビュー 登録数
1MP
レビュー への評価
0MP
フォロワーの数

レビューした映画

by フジ三太郎
  • 1993年4月公開  
    unforgiven = ALL PERSON
    タグ :
    未設定

    登場人物全員が許されざる者だと思う。
    不条理西部劇として、今までにない物を作った。
    イーストウッドの役がよくある、「いつも死んでる男」から今作では「よぼよぼガンマン」でスタートし、最後に野獣を取り戻す。
    日本で言うなら大藪春彦の主人公に匹敵。
     娼婦たち:顔を切った相手に死を求める不条理。
     保安官:サディスト。ナチスを彷彿とさせる残虐性。
     ローガン:ウィンチェスター銃を持たずに離脱しておけば・・嫁さんから見れば unforgiven。

    ただ、娼婦の怒りは、「馬とあたしたちを一緒にしないで」と言う身分差別に発しており、西部が地方分権でローカルな、保安官の裁量で罪と罰が決められ、そのためフェアでないと感じたからだろう。
    最後にマニーが、「娼婦を差別するな」と言い残して去っていく。「全ての女性に捧げる」ともこの監督はメッセージを出している。
    逸話として面白いのは、リチャード・ハリス=イングリッシュ・ボブの件。西部の英雄なんてただの飲んだくれで、喧嘩にたまたま勝っただけ、との保安官の見解が客観的。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
My映画館
Myエリア
最近チェックした映画
映画

おすすめ情報

見て良かったランキング
宇宙の法―黎明編―
宇宙の法―黎明編―

SFアニメ『UFO学園の秘密』の続編。千眼美子が新たに声優として参加する

日日是好日
日日是好日

黒木華演じる主人公が20歳で習い始めた茶道を通してゆっくりと成長していく姿を紡ぐ

ルイスと不思議の時計
ルイスと不思議の時計

両親を亡くした少年と2人の魔法使いの活躍を描くジョン・ベレアーズの児童書を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > Myページ > フジ三太郎 > レビューした映画

ムービーウォーカー 上へ戻る