TOP > Myページ > ちゅるりら > レビューした映画

ちゅるりら
ちゅるりら
フォローする
映画力パラメーター
0MP
見たい映画 登録数
682MP
19MP
レビュー 登録数
1MP
レビュー への評価
0MP
フォロワーの数

レビューした映画

by ちゅるりら
  • 1995年4月(土)公開  
    奇跡のようにほぼ完璧無類
    タグ :
    • 切ない

    話5、演5、画5、音5。地味なようでいて、映画の魔法が徹底している。もっと凄い映画があってもいいはずだが、公開当時に劇場で観て以来、これを超越る映画に出会っていない。追記:魔法の一端をひとつだけ紹介すると、タイトルの直前、語っている人物、語られている人物、然し実際に映っている人物が別々で、観手はこの三者による立体的な話しになると意識・無意識に関わらず感じる(これは、エンドタイトルでは確定する)。他にもあるが、ここでは秘密!いずれにせよ、そうでなければ映画である意味がない。唯一、私が今のところ気になっているのは、「被害者」の人権が描写されていない(そう、彼は「加害者」なのだ!) 点だが、そういう作品ではない。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
My映画館
Myエリア
最近チェックした映画
映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

TOP > Myページ > ちゅるりら > レビューした映画

ムービーウォーカー 上へ戻る