TOP > Myページ > hikahika > レビューした映画

hikahika
hikahika
フォローする
映画大好きです。なかなか映画館に観に行けませんが、月2本くらいは観たいと思っています。
 
旅blog
http://aphotoofthanks.blog86.fc2.com/
映画力パラメーター
0MP
見たい映画 登録数
23MP
16MP
レビュー 登録数
6MP
レビュー への評価
3MP
フォロワーの数

レビューした映画

by hikahika
  • 2007年12月(土)公開  
    苦しい。でも観てもらいたい
    タグ :
    未設定

     いい映画だった。

     そして、とても苦しい映画だった。

     主人公エスマの愛の重さに苦しくて苦しくて泣けた。

     戦争の犠牲となった女性の現在。
     平和を取り戻そうと懸命に生きる人々の日常を、丁寧に淡々と映し出していく。

     そこでは暴力シーンも、戦争の生々しさも描くことはない。

     しかし、かえってそれが戦争が人々に与えた傷の深さを強調している。

     この映画は苦しい。

     でも、ぜひ観てもらいたい映画でもある

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2000年10月(土)公開  
    子役がいい
    タグ :
    未設定

     原作がつらかったので、どうしようか迷ったけど、観てみた。

     ほぼ原作に忠実に作ってあり、悲惨な現実には変わりないのだけど、原作より面白く、ライトな感じになっているのは、アンジェラ役のエミリー・ワトソンにあまり悲壮感がなかったからだろう。あれくらいが、ちょうどいいと思う。

     原作は二度と読まないと思ったけど(つらすぎて)、映画ならまた観てもいいな。

     子役がかわいかった。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2003年11月(土)公開  
    つらい事実
    タグ :
    未設定

     パキスタンの難民キャンプから、ロンドンへ。
     陸路移動の過酷な亡命の旅。
     ドキュメンタリーかと思うようなリアルな映像で、不謹慎だけど、旅好きにはたまらない風景が多く見られる。

     一緒に旅をしているようだった。

     なんの障害もなくたくさんの国に行ける私たち日本人は、本当に幸運だと思う。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2001年8月(土)公開  
    やられた
    タグ :
    未設定

     ゆったりとした美しい物語から、最後の急展開についていけず、観終わった直後はどう感じていいのかわからなかった。実際いまも戸惑っている。夢物語からいきなり現実に戻された。予想もしなかった悪い知らせをいきなり目の前に突きつけられ思考を停止させられたんだ。

     このエンディングはないだろう。やられた。

     グレゴリオ先生のような人が自由に生きられない世の中は狂っている。

    「自由に飛び立ちなさい!」

     彼の引退の日、生徒たちみんなに贈った言葉の重みを感じている。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2004年11月(土)公開  
    あたたかい
    タグ :
    • 楽しい
    • 心温まる

    人は居場所を与えられると安心する。自分を受け入れてもらえたと思うと嬉しくなる。イブラヒムおじさんはモモに居場所を与え、一生心に残る安心を与えた。正直、モモが羨ましかった。私もイブラヒムおじさんのような人に出会いたかったな。ラストが少し急ぎ足でまとめてしまった感じだけど、観ていて心が暖かくなる映画だった。

    • ◆このレビューを 2人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2008年3月(土)公開  
    うーん
    タグ :
    未設定

     試写会でよかった。お金払ってたらお(以下ry
     笑いのツボが合わないわ。部分的には笑えたけど、大爆笑にはほど遠い。消化不良で終わってしまった。でも役者は自体はわりとよかった。ジョージ・ロペスのとぼけた感じは好き。クリストファー・ウォーケンはなんでもやるのね。スゴイワ

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2008年4月(土)公開  
    フィクサー?
    タグ :
    未設定

     冒頭から一気に物語が流れていくので、ちょっと混乱してしまった。ジョージ・クルーニーのくたびれた感じがとても好き。彼のための映画。彼ファンにはお勧め。

     丁寧に作られていて話はけっこう面白いのだけど、フィクサー(揉み消し屋)としての活躍は全く描かれていないのに、このタイトルはどうかと思う。(原題は主人公の名前になってるんだよね)

     はじめからフィクサーの話はないと思って観た方がガッカリ感が少ないと思うよ。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2008年3月(土)公開  
    黄金のパゴタ
    タグ :
    • 切ない
    • 悲しい
    • 衝撃的

     胸が痛くなる映画だった。
     私があの国を訪れたとき、たしかに人々は脅えていた。
     外国人である私に苛立ちをぶつけながら、つねに政府軍の影を気にしていた。

    「いま言ったことは誰にも言わないで」

     あの国の人々の笑顔は黄金のパゴタのようにいつも輝いていた。

     でも、あの国に落ちる影は濃い。

     2007年ミャンマー反政府デモでこの国は注目を浴びたが、現在世界の関心はこの国からまた離れていってしまった。

     ビルマから来たという女性はスクリーンにパゴタが映るたびに手を合わせ祈り、そして泣いていた。

    「この国のことをもっと多くの人に知ってもらいたい」

     そう呟いていた。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 1997年10月(金)公開  
    星野道夫
    タグ :
    • 切ない
    • 感覚的
    • 心温まる

     星野道夫ファンのための映画だと思う。アラスカの自然、そして彼の本に出てくる人々との出会い。星野道夫の大きな世界が、視覚として限りなく広がっていく時間だった。

     “死”は敗北ではない。“死”は終わりではない。

     星野道夫の友人の中で、彼の“死”をネガティブに受け止めている人は誰もいなかった。彼の死を一様は悲しみながら、ごく自然なこととして受け止めていた。彼は家族、友人たちの心の中でずっと生き続けるだろう。星野道夫は幸せな人だなと思った

    • ◆このレビューを 1人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2005年2月(金)公開  
    すごい
    タグ :
    • 衝撃的

     展開がわかっているのに惹きこまれた。

     すごい。これはすごい。

     部屋にいながら山の恐ろしさを体感できる。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
My映画館
Myエリア
最近チェックした映画
映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

TOP > Myページ > hikahika > レビューした映画

ムービーウォーカー 上へ戻る