TOP > Myページ > まこと > レビューした映画

まこと
まこと
フォローする
7月は鑑賞作品が100本を超える事が分かりました
…レビューが追い付きません(´-ω-`;)
常時、20本以上のレビューが溜まっている状態…少しペースを落としたい…

昨年11月以降に観た作品は、全てレビュー書いてますが、個人の備忘録としての目的がメインなので、独断と偏見に満ちています
まあ、評論は仕事でやってる人たちがいますから…こちらは素人目線でいきますよw
イヤな事が書いてあっても怒ったりしないでね m(_ _)m

自分なりの評価基準
☆5 繰り返し何度も観たくなる名作
☆4 お金を払って劇場で観る価値のある佳作
☆3 可もなく不可もなく 1000円なら観ても損はない
☆2 凡作 何もやる事が無ければ観るが…人生は無限じゃないし
☆1 駄作 観るだけ時間の無駄

子供の頃から映画が好きで、中学生の頃から1日4、5本のハシゴをしてました
二十歳の頃は映像系の専門学校に通い、レンタルビデオ屋でバイト…毎日5から10本のビデオを観る生活を2年以上続けてました
この10年ほどは、彼女と2人で観るのがデフォだったんでペースが落ちてましたが、彼女と別れたら、また昔のペースに戻りましたw
今は月に50本ぐらいの映画を劇場で観ています
映画力パラメーター
1MP
見たい映画 登録数
771MP
516MP
レビュー 登録数
107MP
レビュー への評価
6MP
フォロワーの数

レビューした映画

by まこと
  • 2011年6月(土)公開  
    これぞ、新しいエンターテインメント!
    タグ :
    • [日本]
    • ゲキ×シネ
    • 歌・音楽が印象的
    • シリーズ作品
    • 歴史物
    • 楽しい
    • ロマン
    • 笑える
    • 爽快
    • ハッピー

    ゲキ×シネは、この作品含め4本観ています
    12月・1月で、旧作をあと3本観る予定なので、それからまとめてレビューしようと思っていましたが、せっかくレパートリー上映をやっているので、順次レビューする事にします

    これは、僕が一番最初に観たゲキ×シネ作品です
    初めてだったから…というのもありますが、とにかく衝撃的でした
    芝居と映画、比較すると、やっぱり芝居の方が料金が高いですし、全国で好きな時間に観られるという手軽さは魅力です

    もちろん、映像化された時点で、ハプニングやアドリブの面白さは無くなります
    観劇で得られるライブ感や一体感もありません
    しかし、役者一人一人の流れる汗まではっきり分かるドアップで観たり、(恐らく)ベストなカメラアングルで観られるというメリットは大きいと思います
    単に観劇の代用にとどまらない、新しいエンターテインメントとして、他の劇団も取り入れてくれたら…と勝手に期待していますw

    さて、この作品についてですが、同様にゲキ×シネ作品化されている『五右衛門ロック』の続編にあたります
    ですが、古田新太演じる五右衛門以外のキャラクターには、まったく繋がりがありませんので、この作品単体で楽しむ事ができます

    ストーリーは単純明快で、大人から子供まで楽しめると思います
    全体を通してロックミュージカル調で、序盤からテンポ良くストーリーが展開するので、3時間を超えても、まったく飽きる事はありません

    古田新太の主演作は、笑いが幼稚になりがちですが、ツッコミ役が天海祐希だと、なんともシマリが出ますねw
    他のゲキ×シネ作品と見比べても、バランスが良いと思います

    役者も個性が出ているし、全体的に安定感がありますね
    個人的には、神田沙也加が良い味を出してるなぁと思います
    どこまでが計算された演技なのか分かりませんが…最近は声優デビューなんかもしてて、ネット上での評判も良いみたいですし
    演技力は割とあるのかもしれませんね~w

    通常の映画より、料金は若干お高いですが、時間で割ったら、むしろ割安ですw
    ゲキ×シネ未体験の方は、一度、ご覧になる事をオススメします

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
My映画館
Myエリア
最近チェックした映画
映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

TOP > Myページ > まこと > レビューした映画

ムービーウォーカー 上へ戻る