Movie Walker Top > Myページ > しろくま > レビューした映画

しろくま
しろくま
フォローする
こんにちは、しろくまです。
静岡に生息してますが、月に1~2度仕事で東京へ帰るので、双方で色々と観てます。でも、邦画が多いですよ。洋画は基本的にキリスト教臭のするハッピーエンドなので・・・私は死を美化する古いタイプの日本人なので、苦手です。
映画力パラメーター
0MP
見たい映画 登録数
241MP
207MP
レビュー 登録数
210MP
レビュー への評価
9MP
フォロワーの数

レビューした映画

by しろくま
  • 2012年6月公開  
    邦画の良さを実感できる映画です
    タグ :
    • 絶対的邦画
    • 切ない
    • キュンとする
    • 感覚的
    • 心温まる
    • 独創的

    久しぶりに邦画らしい邦画を見せてもらった気がします。
    正直、全く期待していないくて、「ひぐらし....」レベルの駄作を覚悟していたんですが、これは正真正銘の映画です。

    ストーリー展開は、現実ではそう簡単に進まない部分もサラッと流れてしまいます。
    原作ではがどのようなものか、読んでいないのでわかりませんが、行間を読んで想像力を働かせると、そうした空白は自然と埋まります。
    何故「シグナル」なのか、私は観終わってから理解できました。
    そういう余韻の持たせ方も、ホントすごい。

    演技や映像、特に役者さんの映し方がすばらしいんですよ。
    魅入ちゃうので、その時はサラっと流れるんですが、頭に残る映像が、観終わった後も話を膨らませてくれます。
    谷口監督と相性が良いんでしょうかね。
    非常に心地よかったです。

    若い役者さんは、まだまだ充分な演技とはいえないかもしれませんが、キャスティングの妙で見事にカバーされています。
    本当にすごいと思いました。

    特に、早大政経に在学中の三根梓さんの演技。
    この先どのような道に進まれるのかわかりませんが、女優としての彼女の潜在能力は、予想をはるかに超えていました。
    邦画史に残る1本になるかもしれません。

    また、TVドラマのスピンオフや大金を投じて作成された映画は数多くありますが、本当の銀幕映画はお金を掛けなくても、著名な役者さんを被らせなくてもできるってことを再確認しました。

    毎度のことながら毒を吐きますが、洋画やスピンオフに慣れている方には全く理解できないと思います。
    「映画は金掛けて、役者無駄使いしてナンボ」って意見もアリだと思いますよ。
    そういった方々の感じ方や意見も聞いてみたいので、最高評価にします。

    観終わった後の余韻、感想というかお互いの受け取り方を議論したい....まさに邦画の中の邦画だと、私は思います。

    この映像は、銀幕以外は考えられません。
    DVDでは良さが半減してしまうでしょう。
    観て得をするわけではありませんが、観ておかないと損でしょうね。
    映画好き・邦画好きのための1本です。

    是非、ご覧になって感想をお聞かせください。

    • ◆このレビューを 1人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
My映画館
Myエリア
最近チェックした映画
映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
凪待ち
凪待ち

香取慎吾と白石和彌監督が初タッグを組み、人生につまづいた男の再生を描く人間ドラマ

トイ・ストーリー4
トイ・ストーリー4

おもちゃたちの冒険と友情を描いた人気CGアニメーションのシリーズ第4弾

新聞記者
新聞記者

女性記者が権力中枢の闇に立ち向かうシム・ウンギョン×松坂桃李W主演のサスペンス

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > Myページ > しろくま > レビューした映画

ムービーウォーカー 上へ戻る