TOP > Myページ > rAmour > レビューした映画

rAmour
rAmour
フォローする
映画力パラメーター
0MP
見たい映画 登録数
7MP
7MP
レビュー 登録数
0MP
レビュー への評価
0MP
フォロワーの数

レビューした映画

by rAmour
  • 2014年6月(土)公開  
    面白かったけど…
    タグ :
    未設定

    相方があまりに見たがるので、見に行ったけれど…、やっぱり、映画館で見る種類のものでなかったなぁ、て感じ。いや、面白かったのは面白かったのだけど、特に迫力アル場面があるでもなく。。自分的には、TVかDVDで見れたらそれでじゅーぶん!だなぁ。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2009年6月(土)公開  
    はちゃめちゃ;
    タグ :
    未設定

    ほんと、はちゃめちゃな内容だけど、面白かった♪
    終わり方も最高^^;
    こういうのが本当の娯楽作品やね、わたし的には。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2009年6月(土)公開  
    演技は上手かったケド…
    タグ :
    未設定

    アメリカって、自国民となった人は徹底的に保護するけど、そうじゃない移民には厳しいのね。ま、当たり前か。前者では、ちょっと前、北朝鮮にクリントンさんが赴いて連れ帰った韓国系アメリカ人を思い出したし、後者では、アメリカの例ではないけど、何年も日本にいたのに、娘を残して強制送還された人を思い出した。それを考えると移民の待遇の事情は、日本の方が手厳しいかもね。
    シリア系だったかの副主人公の男性のお母さんが、その男性の奥さんが純粋な黒人なのに驚いて、主人公の大学教授にこっそりと「黒いのね」とつぶやく場面が印象的だった。ちょこちょこと人種問題やらも入ってて、問題提起意識満載って感じの映画だった。しかし如何せん、肝心の主人公の大学教授にあまり感情移入できなくて、楽しめなかったなぁ。いくら最愛の奥様に先立たれたからって、いつまでしょぼくれてるん?もちょっとしっかりせんかい!そこまでやる気なくしたんなら、とっとと辞めんと、学生に失礼やろ?とかとか。。
    まぁ、演技は確かに上手かったと思いますです;

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2009年8月(土)公開  
    衝撃のラスト。。
    タグ :
    未設定

    8歳の男の子の目線で淡々と話が進むので、ちょっと油断してた。驚きの、本当に今まで観た映画の中で一番の驚きの結末。ナチス関係のストーリーなので、重いだろうなぁ、とは思っていたけど……ここまでやるか。。エンドロールが流れても場内し~んとして誰一人立たない。女性が多かったし、きっとわたしと同じく不覚にも涙ぐんで立ち上がれなかった人が多かったのでは?と想像。あちらでは、原作が大ヒットしつつも、アウシュビッツの労働者に子供はいなかったはず、とか色々指摘も出ているらしい。まぁわたしが見てても、強制収容所であんなに毎日さぼれるんかい?とか、高圧電流通してるフェンスの下の地面が子供に簡単に掘られるような状態にしてるわけないやん、とか突っ込みどころ満載だった。けど、あの結末の衝撃でそれらの突っ込みが全部吹っ飛んだ感じ。あ~この映画、一生忘れられなくなるなぁ、きっと。。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2012年3月(金)公開  
    まぁまぁ。。
    タグ :
    未設定

    メリル・ストリープの演技はさすがだし、史実に基づいた堅実なストーリー展開もそこそこ面白かったのだけど、この手の映画は、映画館で観なくてもいいかな、という感じ。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2011年6月(金)公開  
    ノスタルジックな味わい
    タグ :
    未設定

    70年代が舞台のETライクな作品。少年たちが映画祭に出品する作品を撮影していた時に遭遇した列車脱線事故から、色んな奇妙なことが起き始めて…。。まぁまぁ楽しめたけど、最後に姿を見せる●●の描写が、今いちかなぁ。どっかで見たような二番煎じで、ちょっとがっくり。
    今回は、迫力の大スクリーンで楽しませていただきました。列車が脱線する場面は、大音量も相まって息をのむような大迫力、あー、これでこそ映画館で見る値打ちがあるのだわぁ、と実感。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2011年5月(水)公開  
    演技者揃い
    タグ :
    未設定

    想像していたのとちょっと違う種類の「狂気」だった。うーん、なんだー、そういうことー??てな感じで、をどろをどろしさも激減。
    しかし、ナタリー・ポートマンの「ニナ」の演技はさすが。ルロイ、リリー、ベス、ニナの母親の面々の演技も圧巻。バレー観賞が結構好きなわたしのツボにはまるシチュエーションも多くて、まぁおおむね満足。しかし…結末はちょっと…何ともやりきれなかった。
    映画の本筋とは離れるけど、ちょっと残念だったのは、座席数80余りの小劇場で、スクリーンがしょぼかったこと。映画館での醍醐味の一つが、巨大スクリーンと大音量の迫力であるわたしには、かなり残念。これからシネコンで観賞する時には、座席数が150くらい以上のスクリーンに限定しますです;

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
My映画館
Myエリア
最近チェックした映画
映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

TOP > Myページ > rAmour > レビューした映画

ムービーウォーカー 上へ戻る