TOP > Myページ > sunny/そら♪ > レビューした映画

sunny/そら♪
sunny/そら♪
フォローする
名古屋城の近くに住む、超不良主婦です。
仕事はブライダルや舞台関係の音響オペレーターです。

とにかく不規則な生活なので、ちょくちょく時間を見つけては「映画」を観に行ってます。
劇場で映画を観るのが好きなだけなので、マニアではありませんが、年間200本ぐらいの鑑賞ペースです。
試写会もたまに行きますので、同行友達募集してます。

名古屋名物を食べ歩くのも大好き♪
麺マニアです。ラーメン、あんスパが大好物のネコ型ぽちゃこです。
映画力パラメーター
1MP
見たい映画 登録数
248MP
14MP
レビュー 登録数
10MP
レビュー への評価
17MP
フォロワーの数

レビューした映画

by sunny/そら♪
  • 2010年2月(金)公開  
    新たな名作
    タグ :
    • 心温まる
    • 泣ける
    • 興奮する
    • 知的

    最初は、普通にスポーツ系の話?と思って興味が無かったんだけど、クリントイーストウッドが、ネルソンマンデラ復活のエピソードを撮った秀作と聞いて、俄然興味津津だったワタシw

    史実に基づいた映画なので、ストーリーは判り切っているけど、でも・・・なんで、こんなに鳥肌が立つのだろう?
    南アが優勝すると判っていながら、必至に応援し
    クライマックスでは、南ア4200万の人々とともに、号泣しました。

    グラントリノに続いて、名作を放った、イーストウッドに脱帽です。

    古典的な描き方でありながら、無駄のないシーン、
    そして音楽のセンスの良さに、今回もただひれ伏すしかありません。

    最新技術に頼らない、映画そのものの良さを最大限活かした作品。

    名作とは、こういうものだと、金字塔を打ち立てているかのような、そんな、誰もが認めざるを得ない作品です。

    この、頑固爺には、まだまだ100年でも生き続けてほしい。
    私は切に、そう願います。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2010年1月(土)公開  
    久しぶりの秀作ミステリー
    タグ :
    • 映画・劇場で観た映画
    • 切ない
    • 興奮する
    • セクシー
    • 衝撃的

    原題はMAN・・・なんちゃら ←スウェーデン語なんで、ドイツ語に近い?
    「MAN SOM HATAR KVINNOR(MEN WHO HATE WOMEN/直訳:女たちを嫌う男たち)」ですが、雑誌「ミレニアム」の記者が次々と事件に巻き込まれていくストーリーなので、この邦題なのかな。

    「ダ・ヴィンチ・コード」をしのぐと言われる、ミステリー小説「ミレニアム」3部作がついに映画化。

    ・・・ということで、原作は1.2.3と出版されていますが、その1の映画化です。
    ちなみに、本編後に2の予告編観ました(笑) 次が楽しみです。

    いやぁ、面白かった~♪
    原作は、天使と悪魔並みのボリュームなので、内容はかなり整理されてると思うけど、それにしても、久しぶりにこんな正統なミステリー映画の秀作を観ました。
    「ゾディアック」以来ぐらいに、良いミステリー作品だと思います。

    事件の解決に貢献する保護観察中の女性が、全身タトゥーにピアス、そして彼女を取り巻く環境は、様々な社会問題を露呈させていて、事件も宗教的猟奇殺人で、拷問やSM的な要素が多々あり、とてもリアル。
    なので、この手の描写が苦手な人にはオススメしませんが、とにかく、ミステリー、サスペンス好きには必見の一本。

    • ◆このレビューを 3人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2009年3月(土)公開  
    アラフォー世代必見のラブストーリー
    タグ :
    • 映画・劇場で観た映画
    • 楽しい
    • キュンとする
    • 心温まる

    何の予備知識もなく観たら、ベッドミドラーが出てきてぴっくり(笑)
    平凡に過ごす女性の、ごくありふれた大人の恋愛?を描いているだけだけど
    凄くストレートに男女の気持ちを表していて
    ヘレンハントの恋愛に対する誠実さを感じました。

    人生は上手くいかないことばかり。
    特に、結婚や出産は、自分だけではどうにもならない。
    それでも、自分の求める幸せのカタチを何とかしようと必死になる。
    アラフォー世代のとても現実的な問題を
    ユーモアたっぷりに、女性の視点で柔らかく描き出している作品。

    『死ぬまでにしたい10のこと』や『エレジー』の
    イザベル・コイシェが描く男女の恋愛観を
    もうちょっとアメリカンに明るく、判り易くしたような感じかも。
    昨年末ぐらいに公開されていた、ハンガリーの『反恋愛主義』も
    明るく、30代の結婚と出産の男女の考え方の違いを描いていたけど
    何となく製作者が言いたい事は似ているかな。

    同世代にとっては痛々しいけれど、
    それでも最後はホロっと、ちょっとあったかい気持ちになれる作品でした。

    パートナーについて、改めて考えさせられる部分もあったり・・・
    こどもが産みたい女と大人になれない男と
    結婚と離婚と何を選択するのが幸せなのか…
    大人の等身大の葛藤そのまんまな映画です。

    • ◆このレビューを 1人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2009年6月(土)公開  
    アメコミヒーローの誕生
    タグ :
    • 映画・劇場で観た映画
    • ロマン
    • 笑える
    • 独創的
    • 興奮する
    • セクシー

    新たなカートゥーンヒーローの誕生という感じですね。(現代のアメコミの元祖?だから、復活という表現が的確かも?)
    バッドマンのようなスパイダーマンのような、勧善懲悪アニメのアクションヒーローのような。
    さめざめとした苦悩や難しい推理なども無くて、やぁやぁと講釈や解説をスポットライトを浴びてしてみたり、意外とコミカルで笑えるシーンも多くあり、楽しく観られました。
    女たらしのヒーローは、数々の女性に言い寄られ、エロスたっぷりの女優陣が美貌を披露しまくっていて見ものです。
    個人的にスカーレットヨハンソンが好きだけど、敵役の助手という立場で、登場するたびに違ったコスプレで萌えます(笑)
    原作はアメコミの父と言われたウィルアイズナーの初期作品。
    敵のオクトパスはマッドサイエンティストだし、まるで仮面ライダーのようなレトロでシュールな世界ですが、そこを、フランクミラー独特の映像世界でまとめていて、わかりやすく、コミカルだけどカッコイイ作品でした。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2009年5月(土)公開  
    ヒットマンの哀しい選択
    タグ :
    • 映画・劇場で観た映画
    • 切ない
    • 興奮する
    • 悲しい
    • 衝撃的

    緻密な計画のもとに、暗殺率100%。孤独なヒットマンを失敗に導いてしまったものは?それは失敗なのか、それとも人間としての本質を取り戻したのか。
    ニコラスケイジが果敢に数々のアクションを見せてくれますが、ハリウッド流のアクション映画のような派手さは無くて、割と静かで淡々としていて、切なくて哀しい映画でした。
    監督は香港映画で名をはせたバン兄弟でタイが舞台なので、アジア映画のような雰囲気。
    1999年に出た同名映画(邦題『レイン』)のリメイクらしいので、もとの映画も観てみたいと思いました。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2009年5月(土)公開  
    コミカルでハッピー
    タグ :
    • 映画・劇場で観た映画
    • 楽しい
    • 憧れる
    • 笑える
    • キュンとする
    • 元気になる
    • ハッピー

    とてもコミカルでハッピーな映画。テンポも良くて面白かったです。
    ファッション的に「プラダを着た悪魔」に似た感じはあるけれど、もっとコミカルでファンタジックな感じ。
    金融、経済を判り易く簡単に庶民的な話題にしてしまうところは、必要のない物をついつい買ってしまう女の子が共感できるかも。
    レベッカ役のアイラ・フィッシャーもキュートでとても可愛いけど、私的には、相手役のヒュー・ダンシーが、めちゃ萌えでした♪
    続ジュードロウって感じで、ブリティッシュ系好きにはたまりません。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2009年5月(土)公開  
    コミカルな社会派
    タグ :
    • 映画・劇場で観た映画
    • 楽しい
    • 笑える
    • 知的

    今までのオリバーストーン監督の作品とは違った感じで
    史実を取り上げた伝記的映画ではなく、
    ジョージブッシュという実在の人物の見られざる姿をピックアップして
    そのキャラクターを人情的にコミカルに描き出した作品でした。
    いろんな事をやらかしてしまった、世紀のKY男。
    名門に生まれながら落ちこぼれ?
    大統領といえども、感情もある人間で、
    いつまでも子どもみたいで、笑える人生だったとは。
    大統領としてのブッシュ氏しか知らないけれど、
    この映画を観てると、ヨシヨシしてあげたくなります(笑)

    実際のブッシュ氏とは違うらしいので、
    こういう人だったのか~って勉強にはならないけれど
    気楽に観れば、日々の悩みがバカらしくなってくるかも?
    ただ、9.11以降の出来事を軸にして過去に行ったり来たりするので、
    歴史の流れをちょっとおさらいしてから観た方が判り易いかも。

    あと、伝記的映画と違うのは、妙に生活感があるところ。
    観ていて、作りたてのサンドイッチやハンバーガーが食べたくなります(笑)

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2009年5月(金)公開  
    キレのあるアクション映画
    タグ :
    • 映画・劇場で観た映画
    • 切ない
    • 不思議
    • 怖い
    • 興奮する

    試写会で鑑賞。思っていた以上に、意外と面白かったです。
    アクションがもっと不自然かと思ってたけど
    ヴァンパイア(鬼)との格闘は、凄くキレがありました。
    アクション監督が、『トランスポーター』や『レッドクリフ』の
    コーリー・ユンということで、ジャッキーチェン流の香港アクション。
    動きの流れや、何気なくある家具や小道具を上手く使う所はさすがです。

    オリジナルのアニメーションの方は観てないけど
    押井守が拘る、昭和レトロな廃墟イメージのパラレルワールドじゃないかと思うので
    その辺り、日本みたいな国で混沌とした世界を曖昧に描いてる感じが
    割とアニメっぽくて良かったかも。

    日本なのに英語で話してたり、欧米映画の言語使いが私は苦手なんだけど
    この作品の場合は、英語と日本語が入り混じってても割と違和感なく。
    こういう世界なんだ~って、すんなり観られました。

    チョンジヒョン、久しぶりのスクリーンだったけど、ほんと彼女は無言の演技が凄いですよね。
    過去の作品をまた観たくなりました。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2009年4月(金)公開  
    知的なアクション映画
    タグ :
    • 映画・劇場で観た映画
    • 切ない
    • ロマン
    • 興奮する

    Part1とは、全体を繋ぐ手法がちょっと違ったので
    続けて観ると違和感があるかも?
    なんにしても、カッコ良すぎです(笑)
    展開も結果も判っているけど、手に汗握るシーンの連続。
    レッドクリフは、歴史映画ではなくて
    三国志のエピソードを基にしたアクション映画ですので
    そこんとこ間違えると批判の対象になってしまいますが、
    とにかく、美しくカッコよく作り上げたジョンウーに拍手♪
    ストーリーそのものが面白いわけじゃないので、テレビだとイマイチかも?
    ぜひ大画面で。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2009年5月(金)公開  
    ハラハラドキドキのネオジャパネスク
    タグ :
    • 映画・劇場で観た映画
    • ロマン
    • 不思議
    • 独創的
    • 興奮する

     ネタばれ(クリックして読む)

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
My映画館
Myエリア
最近チェックした映画
映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

TOP > Myページ > sunny/そら♪ > レビューした映画

ムービーウォーカー 上へ戻る