TOP > Myページ > k-movie > レビューした映画

k-movie
k-movie
フォローする
レビューは「感想」を目指しています。
評論家が書きそうなアカデミックな批評をやらないよう心がけ、一般人視点の声を分かりやすく発することで、まだ観ていない方の参考になればと。
映画力パラメーター
0MP
見たい映画 登録数
190MP
169MP
レビュー 登録数
73MP
レビュー への評価
5MP
フォロワーの数

レビューした映画

by k-movie
  • 2014年11月(土)公開  
    高解像度の映像世界
    タグ :
    • セクシー
    • 楽しい
    • ロマン
    • 爽快

    世界観・ストーリー・キャラクターのどれもが既成フォーマットで仕上げられていて、一言では何と表現すれば的確なのか悩む作品です。
    それぞれのアイデアのベースとなる作品は一つのベクトルで突き抜けた大作なのですが、その魅力を寄せ集めてお祭り状態にすると作品の構成要素の1つでしかなくなり、どこかこじんまりした印象が否めません。何か一つ突出したものがあれば心に残ったかなと思います。
    ただ、それこそがCG技術そのものであってスケールやオリジナリティは二の次とも言えますね。
    鮮明ながらギラつきのない色味やテクスチャーの表現は抜群に解像度が高かったです。

    主人公は旬な味付けに仕上げているのかな?いまひとつ慣れない不自然な(食ってかかるというかふてくさた?)口調と振る舞いに加え、あられもない姿でロボットに乗り込んでドンパチやったり、あからさまなカメラアングルを取り入れたカットがお約束とばかりに挿入される構成には、一般客をターゲットにしていない作風と感じさせる部分もありました。

    内容はシンプルで分かりやすく誰もが楽しめます。テンポも良いし、CGが苦手とする喜怒哀楽の表情もアニメ調に仕上がっています。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
My映画館
Myエリア
最近チェックした映画
映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

TOP > Myページ > k-movie > レビューした映画

ムービーウォーカー 上へ戻る