TOP > Myページ > 2006年から映画 > レビューした映画

2006年から映画
2006年から映画
フォローする
必ず1100円以下(3D ゲキ×シネ シネマ歌舞伎など特別興行除く)で映画を見るようにスケジュールを組む技は、まさに西村京太郎!
星5つ:素晴らしい!時間を作ってでもぜひ映画館で!
星4つ:そこそこ、まあまあ、それなりにいいので、興味があればぜひどうぞ。
星3つ:可もなく不可もなく。悪くは無いけど良くも無いので、すごく興味があるのなら止めません。
星2つ:よっぽど興味があってもやめといた方が・・。他にいい映画は沢山あるのですから。
星1つ:フィルムのごみ!金と時間をどぶに捨ててもいいくらいの覚悟で、どれだけつまらないか見てやろう!くらいの気持ちでどうぞ。
映画力パラメーター
0MP
見たい映画 登録数
994MP
913MP
レビュー 登録数
901MP
レビュー への評価
54MP
フォロワーの数

レビューした映画

by 2006年から映画
  • 1966年6月(土)公開  
    一大叙事詩
    タグ :
    • 星4つ
    • 切ない

    長い!ジバゴの生涯より当時のロシアの様子がとても興味深い映画でした。

    ロシア革命前後に生きた、医者であり詩人であるジバゴの話し。

    皇帝や貴族がいる華やかな時代からあっという間に革命へ世の中が瞬く間に変わっていきます。
    個人の持ち物が政府に取り上げられ大きな邸宅で何十人もが一緒に共同生活。物資は当然配給。

    特権階級があっという間に入れ替わり、革命や戦争がジバゴの人生を何度も狂わせます。

    それでも最後まで人間性を失わずに詩を書き続けるジバゴ。厳しい時代を懸命に生きているのは分かるけど、どうも感情移入できない・・。
    やってることは不倫だからかな~。

     ・歴史好きな方
     ・ジバゴの人生を追体験したい方
     ・長い壮大な映画が好きな方
      にお勧めです

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
My映画館
Myエリア
最近チェックした映画
映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

TOP > Myページ > 2006年から映画 > レビューした映画

ムービーウォーカー 上へ戻る