Movie Walker Top > Myページ > McCOY > レビューした映画

McCOY
McCOY
フォローする
邦画が好きです。
映画力パラメーター
0MP
見たい映画 登録数
238MP
77MP
レビュー 登録数
90MP
レビュー への評価
6MP
フォロワーの数

レビューした映画

by McCOY
  • 2018年4月公開  
    ミスターワンダフル。
    タグ :
    • 2019年に観たやつ
    • テレビで鑑賞。
    • ロマン
    • セクシー

    ただいまWOWOW無料体験中。公開当時は多忙で観に行けなかった作品がずらずらオンエアされて嬉しい限り。本作もそのひとつです。

    鑑賞し終えて、これはやっぱり家で観るのが正解だったかなと。充分エロいしキレイだし、明るくなったあともニヤニヤ止まんなくて困りますよ、これは。

    松坂桃李くん、いい役者さんになりましたね。ほんとうに素敵で、ずいぶんなことやっても品を失わないのが素晴らしい。並み居る女優さん相手にあらゆるバージョンの濡れ場、さぞご苦労されたことでしょう。思わず最後に「お疲れさまです」とつぶやいてしまった(笑)。

    敢えて難癖をつけるなら、桜井ユキさんと同様、大学3年生という設定に無理がありすぎることくらいでしょうか。原作はだいぶ前に読みまして、桜井ユキ演じる女の子がもうちょい屈折してるんですよね。私は今回の設定のほうが好きでした。アズマとの絡みもたぶん原作をはるかにしのいで念入り。堪能させていただきました。

    エンディングのペギー・リーが妙に沁みた。リョウみたいな男の子が実在したら、多くの女性にとってまさにミスター・ワンダフルでしょうね。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 3月1日公開  
    食い過ぎ運転手と飲み過ぎピアニスト。
    タグ :
    • 2019年に観たやつ
    • 切ない
    • 心温まる

     ネタばれ(クリックして読む)

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2月22日公開  
    美しい猫たちのすがた
    タグ :
    • 2019年に観たやつ
    • 楽しい
    • 切ない
    • キュンとする
    • 心温まる

    冒頭、そして随所にインターバル的にはさまれる猫たちの姿に、何度も涙が出そうになった。

    魚がおいしく、猫がたくさんいて、のどかで風光明媚な島。けれどそこには高齢化と過疎化が日々じわじわと押し寄せてもいる。柄本佑演じる若い医師の「赴任する前、ここでの一番の仕事は死亡届を書くことだと言われた」というセリフが表すシビアな現実。それでも島の人びとは淡々と暮らしている。いいことばかりでないのはどこで暮らしても同じ。不安、孤独、焦燥がある一方で、安らぎや楽しさもある。

    離れ小島で親が独居していたら、子供はどうしたって心配する。でもその心配はしょせん「家族なのに放置してしまっている」罪悪感から生まれたものに過ぎないかもしれない。ほとんどの高齢者は、多少不便だろうと住み慣れた場所で思い思いの生活を紡いでいくのが一番なのだ。

    テレビで見るかぎりは時にアクの強ささえ感じてしまう立川志の輔が、穏やかの島のじいちゃんになりきっていて驚いた。とはいえMVPはやはり主演猫ベーコン(笑)。まんまるい顔にぶっとい前足、歩く姿に寝姿、何もかもが愛らしい。岩合さんの映像(猫も風景も)と心にしみる静かな起承転結が、しっくり馴染んでいる良作です。

    • ◆このレビューを 1人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2018年11月公開  
    天才は儚い。
    タグ :
    • 2018年に観たやつ
    • 気に入った!
    • 憧れる
    • 爽快
    • 泣ける

    洋楽はそれほど詳しくないし、とくにQUEENのファンというわけでもないのですが、観てよかったです。フレディ・マーキュリーの苛烈な人生と、さんざん振り回されたのであろう彼の隣人たちの人間模様を垣間見ることができました。

    人物、よくあそこまで似せてきたなとびっくりです。いろんな面で再現度がすごい。鑑賞後、YouTubeでLive AIDの模様をチェックし、ピアノの上のペプシとビールの紙コップの位置までおんなじだったのには笑いました。

    フレディ・マーキュリーってやっぱり天才だったんだと改めて。歌声だけで感動する。クイーンのクの字も知らない80代後半の母も「総毛立った」と涙ぐんでました。親孝行できてよかった(笑)。

    • ◆このレビューを 1人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2018年10月公開  
    吉田羊熱演。
    タグ :
    • 2018年に観たやつ
    • 切ない
    • 泣ける
    • 悲しい

    原作はごく淡々とした短編。どう映画にするのかな、と興味がありましたが、実に過不足なく脚色されていて大満足です。吉田羊さんが素晴らしい。芝居だけでなく、英語の発音やピアノ演奏の姿も人物になり切っていました。

    事前情報ほとんど仕入れておらず、栗原類くんの登場にびっくり。短い出演時間なのにものすごいインパクト!(笑)

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2018年10月公開  
    サダヲはやっぱり佳い。
    タグ :
    • 2018年に観たやつ
    • 楽しい
    • 切ない
    • 笑える
    • キュンとする
    • 泣ける

    ラストで泣きそうになりました。おかしいのかな私(笑)。

    シンとふうかの中の人の年齢差が23。23!!?? 阿部サダヲもいい感じにおっさんになってきたな、と大河の『平清盛』観たころから思いはじめてましたが、やっぱ違うわ……舞台で初めて拝見したときの「人間じゃないコノ人」的衝撃がよみがえりました。破滅にむかう身体を抱え、それでも行くとこまで行く決意を固めきってる男の陰影ある薄笑い。チャーミングでした。相変わらず歌も上手い。

    どっちかというと吉岡里帆ちゃん目当てで観たんですけどね。もちろん彼女もよかった。コメディエンヌの才能ばっちしだと思うので、これからも変な作品にたくさん出てほしいです。

    • ◆このレビューを 1人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2018年9月公開  
    映像が美しい。
    タグ :
    • 2018年に観たやつ
    • 切ない
    • 心温まる

    『Nのために』など、TBS系で一連の湊かなえ作品を撮った塚原あゆ子監督作品。このひとの映像は水と光がとにかくきれい。本作は映像が美しくないとだめだったと思うので、その点では文句なく二重丸。まあ、4回泣けはしませんでしたが(笑)。

    最後のとこどういう仕掛け?? って一瞬考えちゃいました。エンドロール見て、そう、それでいいんだよね、と納得。しかし、けっこうな賭けだねアレは。

    過去に戻っても現実は変えられないけれど、何かを確かめたり意外な真実を知ることはできる。優しい物語でした。ウルっとしたのはやはり薬師丸さんと松重さんのとこかなあ。そして有村架純の可愛さ無双。子供のように泣く姿にオバサンもやられてしまった。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2018年9月公開  
    いい話ではあったけど。
    タグ :
    • 2018年に観たやつ
    • 切ない
    • 心温まる

     ネタばれ(クリックして読む)

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2018年6月公開  
    映像作品を作るということ。
    タグ :
    • 2018年に観たやつ
    • 気に入った!
    • 笑える

    スプラッタ系だめな人を同行してしまい、どうしようかと思いましたが(笑)。
    楽しかった-!
    そんなに有名じゃなくても、素敵な役者さんって大勢いるんだなと感動しました。

    • ◆このレビューを 1人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
  • 2018年1月公開  
    過去より未来か
    タグ :
    • DVD鑑賞。
    • 2018年に観たやつ
    • 切ない
    • 悲しい

     ネタばれ(クリックして読む)

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
My映画館
Myエリア
最近チェックした映画
映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
バンブルビー
バンブルビー

シリーズ第1作以前の1980年代を舞台に描く『トランスフォーマー』スピンオフ作品

グリーンブック
グリーンブック

実話を基に黒人ジャズピアニストと彼が雇った白人運転手の旅路を描くヒューマンドラマ

運び屋
運び屋

クリント・イーストウッドが監督、主演を務める機知に富んだ伝説の運び屋の物語

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > Myページ > McCOY > レビューした映画

ムービーウォーカー 上へ戻る