Movie Walker Top > Myページ > 門倉カド > レビューした映画

門倉カド
門倉カド
フォローする
映画力パラメーター
0MP
見たい映画 登録数
1196MP
1196MP
レビュー 登録数
219MP
レビュー への評価
12MP
フォロワーの数

レビューした映画

by 門倉カド
  • 2018年12月公開  
    感じ方は人それぞれ。自由な心に問いかけられる、命懸けのワガママ。
    タグ :
    未設定

    【賛否両論チェック】
    賛:身体が不自由だからこそ、自分の今の気持ちに正直に生きている主人公の姿や、そんな主人公を支え続けたボランティア達の姿に、思わず感動させられる。
    否:主人公のキャラクターは、どうしても好き嫌いが分かれそうなところ。Hなビデオのシーンもあり(笑)。

     正直なところ、物語の主人公の人柄は、賛否というか好き嫌いというか、そういったものが分かれそうなところです。自分では出来ないことを、ボランティアに口うるさくワガママを言ってばかりの主人公。そう感じてしまった人には、正直あまり感動出来ないかも知れません。
     しかし一方で、そんな主人公のワガママを観ていくうちに、それが何も包み隠さない、命懸けの素直な気持ちだということに共感出来ると、物語の見方は180度変わってきます。主人公自身が言うように、「1日1日が勝負」の中で、今の自分の気持ちに正直に生きるということ。そんな当たり前のようで難しいことを、正面から伝えてくれるような生き様に、思わず感動させられてしまいます。
     そしてそんな主人公を温かく見守りながら、時にケンカして、それでも傍に居続けたボランティアの方々の姿も、また感慨深いものがあります。劇中で高畑充希さん演じる美咲が言い放つ、
    「鹿野ボラ、ナメないで下さい。」
    というセリフがカッコよかったです(笑)。
     観る人によっていろんな感想がありそうな、そんな作品かも知れませんね。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
My映画館
Myエリア
最近チェックした映画
映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
トラさん?僕が猫になったワケ?
トラさん?僕が猫になったワケ?

事故で死んだ男がネコとなって家族と自分を見つめ直す様を描く北山宏光の映画初主演作

女王陛下のお気に入り
女王陛下のお気に入り

18世紀初頭のイングランドを舞台に宮廷の女たちのバトルをオリヴィア・コールマン主演で描く

アクアマン
アクアマン

海の生物たちを従えたヒーローが人類の脅威を相手に海中バトルを繰り広げるアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > Myページ > 門倉カド > レビューした映画

ムービーウォーカー 上へ戻る