Movie Walker Top > Myページ > 門倉カド > レビューした映画

門倉カド
門倉カド
フォローする
映画力パラメーター
0MP
見たい映画 登録数
1126MP
1126MP
レビュー 登録数
210MP
レビュー への評価
12MP
フォロワーの数

レビューした映画

by 門倉カド
  • 6月15日公開  
    独りじゃない。家族の勇気が起こした、幸せの化学反応。
    タグ :
    未設定

    【賛否両論チェック】
    賛:容姿のせいでイジメに逢い、苦しみ悩みながらも、家族の支えを胸に頑張り続けた少年・オギーの勇気に、観ていて涙が止まらない。そんな彼の姿を見るうちに、少しずつ周りの子供達が変わっていく様や、オギーの変化と共に省みられていく家族の絆にも、また感動させられる。
    否:内容的には群像劇の要素が強いので、あまり期待しすぎて観ると、やや冷めてしまうかも。

     手術を繰り返した自分の容姿に自信を持てず、肉体的にも精神的にも殻にこもっていた少年・オギー。そんな彼が初めて学校に来て、イジメや裏切りに遭い苦悩する姿は、観ていて涙が止まりません。
     しかしそれでも諦めずに立ち向かい続けるうち、1人また1人とオギーに感化されて変わっていく、言ってみれば化学反応が起こり始めます。オギーへの悪口を聞き逃せず、イジメっ子に殴りかかったジャック。
    「ペストが移る。」
    と言われても、
    「平気よ。」
    と手を差しのべたサマー。みんなの心を優しく変えていくオギーの存在は、まさに太陽そのものだと気づかされます。
     また、そんなオギーの存在が大きすぎるゆえに、これまで光が当たってこなかった姉・オリヴィアやその親友・ミランダの織り成す若さゆえの人間関係の機微が、また物語に深みを与えているようです。
     「相手を知りたかったら、やることは1つ。よく見ること。」
    初めは相手の靴ばかり見ていたオギーだからこそ、その言葉にも説得力があります。相手に心を開いてほしかったら、まずは自分から興味を抱き、心を開いていくこと。そんな大切なことを教えてくれる本作を、是非ご覧になってみて下さい。

    • ◆このレビューを 0人 が参考になったと投票しています。
    • ◆このレビューは参考になりましたか? [はい
My映画館
Myエリア
最近チェックした映画
映画

おすすめ情報

見て良かったランキング
響 -HIBIKI-
響 -HIBIKI-

映画初主演を務める欅坂46の平手友梨奈が15歳の天才小説家を演じる人間ドラマ

プーと大人になった僕
プーと大人になった僕

人気キャラクター「くまのプーさん」初の実写映画。別れた大親友との再会の物語を描く

ザ・プレデター
ザ・プレデター

異種交配でパワーアップした宇宙最強のハンターと人類の死闘を描くSFアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

Movie Walker Top > Myページ > 門倉カド > レビューした映画

ムービーウォーカー 上へ戻る