TOP > 上映中の映画作品を探す > わが心のボルチモア

ボルチモアに住む東欧移民の一家の3世代にわたる時の流れを通してアメリカン・ドリームの変遷を描くドラマ。監督・脚本は「レインマン」のバリー・レヴィンソン、製作はマーク・ジョンソンとレヴインソン、撮影は「太陽の帝国」のアレン・ダヴュー、音楽はランデイ・ニューマンが担当。出演はアーミン・ミューラー・スタール、ジョーン・ブローライトほか。

3/5
総評価数 7
レビュー 0
投票 7
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (3)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東欧育ちのサム・クリチンスキー(アーミン・ミューラー)が初めてアメリカの土地を踏んだのは1914年、折しも独立記念日だった。それから数十年、先に来ていたゲイブリエルら兄弟と共に壁紙職人としてボルチモアのアバロン通りに定住の地を見い出した彼は同じ移民の妻のエヴァ(ジョーン・プローライト)との間に息子ジュールス(アイダン・クイン)をもうけ、今やその息子と妻アン(エリザベス・パーキンス)との間にサムの孫マイケル(イライジャ・ウッド)が生まれ、サムは彼に昔の苦労話をするのが習慣になっていた。ジュールスはいとこのイジー(ケヴィン・ポラック)と共にTVのディスカウント・ショップを開き、やがてそれが成功して、大型家電デパートK&Kへと発展する。一方家庭ではアンと姑のエヴァの間に不和が絶えなかったが、アンは2人目の子供を生む。感謝祭の晩、毎年開かれる一族の家族会でのささいなトラブルからサムは兄たちと袂を分かち、やがて収容所から奇跡の生還を果たしたエヴァの弟のシムカの家族と一緒に住むようになる。そんなある日、K&Kが漏電から全焼し、ジュールスは全てを失なう。更には闘病生活を続けていたエヴァがついに他界し、サムの、そしてジュールスの育ててきたアメリカン・ドリームは音を立てて崩れてゆくようだったー。それからまた10数年が経ち、すっかり老人になってしまったサムのもとを成人したマイケルとその息子が訪ねてくる。そのひ孫に向かってサムは「1914年、私はアメリカに渡った。それまでこんな美しい場所は見たことがなかった」といつもの口癖をつぶやくのだった。

作品データ

原題 Avalon
製作年 1990年
製作国 アメリカ
配給 トライ・スター映画=コロムビア/トライ・スター映画
上映時間 127
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > わが心のボルチモア