映画-Movie Walker > 作品を探す > 若きウィンスロップ夫人

ブロンソン・ハワード原作の舞台劇をエディス・ケネディが脚色し、「廻り会う迄」「終りは大写し」などを監督したウォルター・エドワーズが監督した家庭劇で、エセル・クレイトンハリソン・フォードの共演。小谷ヘンリーが撮影したもの。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ダグラス・ウィンスロップは事業に熱中して家事を顧みる時間が少なく、妻のコンスタンスは交際好きの派手な女で、夫妻の間は1日毎に離れていった。2人を結び付ける唯一の綱は子供のロージーであった。そして夫妻は再び楽しい家庭生活に入ろうとしたが、ダンバー夫人という評判の悪い貴婦人が、2人の幸福を妬んでダグラスを誘惑する。そのため2人はお互いに誤解して離婚しようとしたが、2人の親友である男が巧みな手段によってその誤解を解き2人を幸福な家庭生活に入らせる。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Young Mrs. Winthrop
製作年 1920年
製作国 アメリカ
配給 日活輸入
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 若きウィンスロップ夫人