TOP > 映画作品を探す > ロボ・ジョックス

米ソ冷戦の続く近未来を舞台に、米ソロボットの一騎打ちを描くSFアクション。監督・原案は「ZONBIO 死霊のしたたり」のスチュアート・ゴードン、エグゼクティヴ・プロデューサーはチャールズ・バンド、製作はアルバート・バンド、脚本はジョー・ホールドマン、撮影はマック・オールバーグ、音楽はフレデリック・タルゴーン、編集テッド・ニコラオウロリ・スコット・ボール、美術はシオヴァーニ・ナタルッシ、SFXはデイヴィッド・アレンがそれぞれ担当。

1/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (1)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

米ソ冷戦の続く近未来、人間同士の戦争はもはや時代遅れとなり、領土拡張の決め手は、“試合場”で行われる米ソロボットの一騎打ちだった。アメリカにはアキレス(ゲイリー・グラハム)、ソ連にはアレキサンダー(ポール・コスロ)というロボットの花形搭乗者(通称“ロボ・ジョックス”)がいたが、試合中観客席で大惨事が起きたのを悔い、アキレスは引退を決意。ところが再戦が決まり、アメリカ側の搭乗者になったのは、アキレスが養成所で目をかけていた少女アリーナ(アン・マリー・ジョンソン)であった。アキレスは彼女の身を案じて、再び自分が搭乗者になると申し出るが彼女に彼の好意は通じない。それどころか彼女は試合当日、勝手にロボットに乗り込んでしまう。結果はソ連の圧勝。しかしアリーナから操縦を引き継いだアキレスとアレキサンダーの間に死闘が続き、遂に両者は引き分けに。米ソを代表する二人は友情の握手を交わした。

作品データ

原題 Robot Jox
製作年 1989年
製作国 アメリカ
配給 ウェスト・ケープ・コーポレーション=バンダイ
上映時間 85
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > ロボ・ジョックス