映画-Movie Walker > 作品を探す > ロボコップ2

半分は人間、半分はメカの警察官ロボコップの活躍を描くアクション・シリーズ第2弾。エグゼクティヴ・プロデューサーはパトリック・クロウリー、製作はジョン・デイヴィソン、監督は「ネバーセイ・ネバーアゲイン」のアーヴィン・カーシュナーフランク・ミラーの原作を基に、脚本はミラーとウォーロン・グリーンの共同、撮影はマーク・アーウィン、音楽はレナード・ローゼンマンが担当。出演はピーター・ウェラーナンシー・アレンほか。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 27
レビュー 1
投票 26
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 6% (1)
星4つ 25% (4)
星3つ 100% (16)
星2つ 37% (6)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

近未来。街は、“ヌーク”という麻薬の登場による凶悪犯罪で荒廃していた。オムニ社の本拠であるデトロイトの街もその例外ではなく、市はオムニ社から融資を受ける有様だった。警察はストの最中で、街を守るのはロボコップ(ピーター・ウェラー)ただひとり。彼は相棒のルイス(ナンシー・アレン)と共に、“ヌーク”を持ち込んだギャング団のボス、ケイン(トミー・ヌーナン)の検挙に熱を入れていた。その頃オムニ社では、デトロイト市の乗っ取りを画策する会長のオールドマン(ダニエル・オハーリー)が、新進の美人学者ファックス博士(ベリンダ・バウアー)に命じて、人間的感情のあるロボコップよりもっとプログラムに忠実なロボコップ2号を開発させていた。ある日ヌークの工場を急襲したロボコップは、逆にケインの手下でメカに強い12歳の少年のホブ(ガブリエル・デーモン)の手によってバラバラに解体されてしまう。ファックス博士はこの機会を利用してロボコップのプログラムを一新させ、彼を制御不能の混乱状態に陥れる。しかしロボコップは、自らの体に電気ショックを与えることで、その窮地を脱出し、ケインを倒す。ところがファックス博士は、重体のケインを殺し、その死体でロボコップ2号を誕生させる。しかしそのロボコップ2号は、記者会見の席で突然暴れだし、大混乱の中、ロボコップによって退治される。そして市もオムニ社の乗っ取りから免れるのだった。

見たい映画に
登録した人
19

作品データ

原題 Robocop 2
製作年 1990年
製作国 アメリカ
配給 オライオン映画=ワーナー・ブラザース映画
上映時間 117
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

『ロボコップ』(4作品)

ロボコップ
ロボコップ (2014年3月14日公開)

ジョゼ・パジーリャ監督、ジョエル・キナマン主演、1987年作品『ロボコップ』のリメイク

  • ロボコップ3 (1993年4月17日公開)

    近未来のデトロイトを舞台に、驚異的な能力を持つサイボーグ警官ロボコップの活躍を描くSFアクション。

  • ロボコップ2 (1990年7月27日公開)

    半分は人間、半分はメカの警察官ロボコップの活躍を描くアクション・シリーズ第2弾。

  • ロボコップ(1987) (1988年2月11日公開)

    殉職した警官が“ロボコップ”として甦り、コングロマリットと熾烈な戦いを展開するというSF・アクション・アドベンチャー。

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ロボコップ2