映画-Movie Walker > 作品を探す > 海の密室

「沈黙(1931)」「夫を殺すまで」と同じくルイ・ガスニエマックス・マーシンが共同監督した映画で、ピーター・ルーリックの原作を、「響け応援歌」のクロード・ビニヨンが改作し「暗黒街の顔役(1932)」「七月の肌着」のシートン・I・ミラーと監督マーシンが共同して脚色に当たった。出演者は「お蝶夫人」「七月の肌着」のケーリー・グラント、「婦人に御給仕」のベニタ・ヒューム、「暴風の処女」「恐怖の甲板」のジャック・ラリュウ、「紐育の仇討」のロスコー・カーンス、「仮面の米国」「生の創め」のグレンダ・ファレル等が主なるもので、撮影は「戦場よさらば」「坊やはお寝み」のチャールズ・ラングの担任である。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ニューヨークのギャングの親分エイス・コービンはギャングから足を洗うべく、土地を買ってロサンゼルスに向かったが、その車中で当時カリフォルニアの海岸で賭博船を営んでいるジョー・バークの情婦エレナーと知り合い、ロサンゼルスに着く頃には、お互いの身分を明かす暇もなく愛し合ってしまった。列車が到着するとエレナーは伯父が病気だと称しコービンと別れてバークを訪れた。今は完全にコービンに心を奪われてしまったエレナーはバークと訣れるつもりで訪れたのであったが、当のバークは東部からきたビート・マニングという商売仇にひどく痛められ腐っていた。それを見ると訣れ話を持ち出す勇気もなく彼女はそのまま居座ってしまった。コービンがこの土地に来た事を知ったバークの片腕ブルーイは早速バークをコービンに紹介して2人の提携を計ったのであるが、既にこの道を見限ってしまったコービンはあっさりはねつけてしまった。これに相前後して、ビートが大敵現ると許りにコービンに喧嘩をふっかけ、その上彼にこの土地退去命令を押しつけたので、さすがにコービンも堪りかね、1度は諦めた渡世だったが、男の意地から、バークと手を握り、売られた喧嘩を買って出た。コービンはバークの賭博船の経営を一手に引き受け、ビートが海上使用権を得ていないのにつけ込んで豪勢な海水広告を施して人気をあおり、船開きの夜などビートの客をもさらってしまった観があった。その夜偶然にもコービンとエレナーは顔を合わせ、そこでお互いの身分が明らかになったわけだったが、この再会を喜んだ。その喜びも束の間で、コービンにしてやられたビートは悔しさの余りボートで本船に乗り付け火を放った。コービンは最後まで止まって消火に務め迷う客人を完全に送り返したが、エレナーだけが残っていた。ここで思い逢う2人は船で夜を明かしてしまった。翌日裁判長に呼ばれた2人はそこでバークを見、調査の進むに随って、エレナーの情婦だと判った。解放されて本船に帰った3人の心は暗く、エレナーがコービンに弁解しようとした時、侵入してきたビートとその一味のためにバークは狙撃されて倒れた。コービンとエレナーも共に狙われたが、嵐は募り、そのために錨が切れて、船は波にもまれ、ビート等も波に呑まれてしまった。船の危険を知ったコービンはエレナーを抱えて海に飛び込み、やっと岸に泳ぎ着いた時、呪われた賭博船は岩に突き当たって粉砕してしまった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Gambling Ship
製作年 1933年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント支社
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 海の密室