映画-Movie Walker > 作品を探す > ロシアン・ルーレット(1991)

ペレストロイカ下のヨーロッパを舞台に、陰謀にまきこまれた東西の腕利きエージェントがCIAとKGBを敵に回してサバイバル戦に挑むスパイ・アクション。監督・脚本は「スター・トレック2 カーンの逆襲」のニコラス・メイヤー、製作はスティーヴン・チャールズ・ジャッフェ、撮影はゲリー・フィッシャー、音楽は「ダイ・ハード」のマイケル・ケイメンが担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

元CIAの腕利き局員サム・ボイド(ジーン・ハックマン)は久し振りにCIA本部に呼び出された。元CIA長官ジャッフェ(カートウッド・スミス)によると、69年にソ連で捕虜となったパイロット、ソベルと7年前に捕まったKGBのスパイ、ピーター・グルシェンコ(ミハイル・バリシニコフ)を200万ドルをつけて交換せよというのだ。サムは資金源が麻薬組織であることに疑念を抱くが、結局仕事を引き受けた。翌日、彼は刑務所でグルシェンコと対面し、強烈な印象を覚えた。このかつての敵もまた取引に不審の念を抱いていた。2人は指示通りベルリンに到着し、CIAのフリンと接触する。交換場所は地下鉄の廃墟。だが、今まさに人質が交換されようという時、サムは敵陣営から歩いてくるのがソベルではないことに気付いた。「罠だ!戻れ!」激しい銃撃戦が始まった。かろうじて逃げのびた2人はゲイバーに身を潜め、サムはジャッフェに報告を入れる。しかし、CIAもまたサムの抹殺を図っていた。サムは指示通りCIAの隠れ家へ向かう。危険を察知し、別行動をとっていたグルシェンコはその家に仕掛けられていた爆弾からサムを救った。2人の間には友情が芽生え始めていた。よるべなき逃避行の中でグルシェンコは驚くべき事実を明かした。ソベルはソ連で転向し、アメリカに戻って大学教授になりすまし組織づくりをしており、グルシェンコの逮捕を知ったKGBは彼を偽装誘拐したのだった。2人に二大巨大組織の魔の手が迫る。だが、凄腕スパイコンビは簡単に消されるタマではない。フランクフルトからストラスブール、そしてパリへ。スイス銀行で200万ドルをきれいな金に代えたグルシェンコの娘ナターシャ(ジェラルディン・ダノン)が敵の手におちた。彼らは200万ドルの引き渡しを要求してくる。グルシェンコは取引き現場のエッフェル塔に駆けつけた。しかし、それは罠で、彼は狙撃される。その狙撃手を撃ったのは罠を予期していたサムだった。サムは軽傷のグルシェンコとナターシャを救出し、遂に逃げのびることに成功した。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 Company Business
製作年 1991年
製作国 アメリカ
配給 松竹富士
上映時間 98
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
世界から希望が消えたなら。
世界から希望が消えたなら。

赤羽博監督がメガホンを取り竹内久顕が映画初主演する余命宣告を受けたある男の物語

ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ロシアン・ルーレット(1991)