TOP > 映画作品を探す > ローナ・ドゥーン

リチャード・D・ブラックモア氏原作の小説をキャセリン・スピア・リード女史が脚色し、モーリス・トゥールヌール氏が自ら監督したもので、主役は「女性を讃えよ」「人生の闘争」等出演のマッジ・ベラミー嬢「結婚とは」で久し振りに姿を見せたフランク・キーナン氏、「快男子ソーヤー」で男を挙げたジョン・ボワーズ氏である。衣装劇であり、同時にロマンスである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

英国中世紀の物語である。ローナ伯爵夫人と娘ローナとは賊の首領エンサー・ドゥローンという悪貴族に誘拐されたが、エンサーは彼女を己が子の様に可愛いがって保護を加えた。彼が死後カーヴァー・ドゥーンという新しい首領が彼女を強制的に妻にしようとしたが、ローナの幼な馴染みのジョン・リッドが助けて呉れた。ローナの素性が知れて、彼女は宮廷に召し出される事に成ったが、彼女は愛するジョンの為に名誉と地位を抛って田舎に来た。2人の結婚式の日ドゥーン一味の悪人はローナを狙撃した。ジョンは村人を率いて悪人を全滅し、ローナを介抱して平和なる生活に入る。

作品データ

原題 Lorna Donne
製作年 1923年
製作国 アメリカ
配給 日活
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > ローナ・ドゥーン