映画-Movie Walker > 作品を探す > レーチェルレーチェル

マーガレット・ローレンスの小説を「理由なき反抗」のスチュワート・スターンが脚色、ポール・ニューマンが初めて製作・監督、1968年度のニューヨーク批評家賞を獲得した。撮影はゲイン・レシャー、音楽はジェローム・モロス、美術はリチャード・マーレル、編集はデデ・アレンが担当した。出演はジョアン・ウッドワード、「俺たちに明日はない」のエステル・パーソンズのほかに、ジェームズ・オルソン、ケイト・ハリントンらブロードウェイの実力派。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

レーチェル(ジョアン・ウッドワード)は35歳。独身の小学校教師だ。彼女の父親は葬儀屋だった。そんな職業の暗さが彼女の性格を形づくってしまったのかも知れない。そして今は病弱な母親と2人暮らし。せまい田舎の町での、うっせきしたような生活が続いている。話し相手といえば同僚教師のキャラ・マッキー(エステル・パーソンズ)くらいだ。勇気をおこし、彼女について信仰の集まりに出席してみたりしたが、結果はいつも、みじめなものだった。そんなある日、幼なじみで、今は高校の教師をしているニック(ジェームズ・オルソン)に出会った。彼からデートの誘い。それは彼にとっては、ほんの気まぐれの退屈しのぎでしかなかったのだが、レーチェルにとっては人生の大事件。彼と初めての経験を持った。だがニックは、妻子がいるという理由でレーチェルとの結婚を拒んだ。だがこれは、レーチェルを捨てるための、口実にすぎない。彼女はすべてを知り、ふたたび孤独の日がやってきた。そして妊娠したことに気づく。当然おろすべきなのだろう。だがレーチェルには、母となる日のことが、夢のように広がっていく。ところがなんと、医者にみてもらうと、それは単なる腫れものが出来たにすぎなかった……。しかしながら、この一件は、彼女にとっとは、大変な経験であった。もう、この古い町とは別れよう。知らない町で新しい人生をみつけよう。それはバラ色の人生ではないかも知れない。だがレーチェルはひとり、いま、ささやかな第一歩を、踏み出そうとしている。新しいレーチェルの誕生でもある。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Rachel,Rachel
製作年 1968年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > レーチェルレーチェル