映画-Movie Walker > 映画作品を探す > ランブリング・ローズ

1935年のアメリカ南部のとある一家にやって来た風変わりな娘が巻き起こす騒動と、家族の絆を描く。監督は「天才アカデミー」のマーサ・クーリッジカルダー・ウィリンガムの原作(邦訳・扶桑社刊)をもとに彼自身が脚色、製作は「ダイ・ハード2」の監督レニー・ハーリン、エグゼクティヴ・プロデューサーはマリオ・カサールエドガー・J・シェリック、撮影はジョニー・E・サイエン、音楽は「グリフターズ 詐欺師たち」のエルマー・バーンステインが担当。91年モントリオール国際映画祭主演女優賞受賞(ローラ・ダーン)。

3/5
総評価数 5
レビュー 0
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (3)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1935年8月、封建的な気風の残るジョージア州。古いしきたりにとらわれずに暮らそうとするヒリアー一家のもとに、ローズ(ローラ・ダーン)という田舎娘がお手伝いとして、また長男のバディ(ルーカス・ハース)を始めとする3人の子供たちの遊び相手として雇われてやって来た。父親ヒリアー氏(ロバート・デュヴァル)や、聴力障害がある母親(ダイアン・ラッド)らとの関係もうまくいき、ローズの新しい人生は順調にスタートしたかに見えた。だが彼女には幼い頃親に捨てられ、青春時代を売春宿で過ごした過去があり、自身でも如何ともしがたい性欲過多の性癖があった。ある日彼女はヒリアー氏の優しさを愛情と勘違いして激しく求愛するが、彼女の過去を知っているヒリアー氏は父親のようにその行動をたしなめた。ローズは自分の気持ちをバディのベッドの中に入り切々と訴えるが、性に目覚め出したバディにはそれどころではない。だが、いつしか2人の間には絶対に破ってはならない約束と強い友情が生まれた。ローズは週1回の休みの日に挑発的なドレスを着て街へ出かけ、自分を本当に愛してくれるミスター・ライトを探し出し、遂には自分の部屋にまで男を連れてきた。さらには街でローズを巡って2人の男が騒ぎだし、駆けつけた警官のウィルキーに彼女は暴行を働いたため捕まってしまう。医師は彼女の淫乱症状を治すため子宮を摘出してはどうかと相談を持ちかけるが、ヒリアー夫人は人道をはずれた破廉恥な行いだと非難した。やがて、彼女にも幸せが訪れた。彼女を逮捕した警官ウィルキーとの間に愛が生まれ、結婚が決まったのである。ヒリアー家は大喜びするが、バディにとっては初めての失恋であった。結婚式の日、白いドレスに身を包んだローズは本当に美しかった。それから36年後、母に先立たれ、ひとり暮らす父を訪れたバディはローズの死を知らされる。彼女はウィルキーと離婚した後何度か結婚と離婚を繰り返し、しかし最後の25年間は、幸せに落ちついた暮らしを送ったということをバディは知るのだった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 Rambling Rose
製作年 1991年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド映画
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > ランブリング・ローズ