映画-Movie Walker > 作品を探す > ラブ マシーン

性的魅力を利用してまたたくまにニュース局長にのし上がった男を描いて、テレビ界の腐敗を衝いた、ジャクリーン・スーザンの原作をサム・テイラーが脚色した作品。製作総指揮はアーヴィング・マンスフィールド、製作は「サボテンの花」のM・J・フランコヴィッチ、監督はTV界から転出のジャック・ヘイリー・ジュニア、撮影は「荒野の七人」のチャールズ・ラング、音楽はアーティ・バトラー、編集はデイヴィッド・ブリューイットが各々担当。出演は「栄光への戦い」のジョン・フィリップ・ロー、「ショーン・コネリー 盗聴作戦」のダイアン・キャノン、ジョディ・ウェクスラー、「プロフェッショナル」のロバート・ライアンジャッキー・クーパーデイヴィッド・ヘミングスなど。

2/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 100% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ロビン・ストーン(ジョン・フィリップ・ロー)はわずか6週間でニュース・キャスターからニュース局長へのし上がった男だ。これはオースチン会長(ロバート・ライアン)の抜擢によるものだが、裏には会長の妻ジュディス(ダイアン・キャノン)の強い後押しがあった。番組局長シラー(ジャッキー・クーパー)をものともせず、ストーンは自分の企画を次々と成功させ、加えてその彫りの深いマスクで女たちを魅了した。ストーンと一夜、愛を交わしただけのモデル、アマンダ(ジョディ・ウェクスラー)も彼の虜となったが、ストーンにとって自分の自由を束縛するものはすべて捨て去るのみである。ストーンはアマンダとの関係を断ち、更に新しい女を開拓していった。会長夫人のジュディスもストーンの性的魅力にとりつかれ、彼とのセックスに溺れていった。突然会長が脳出血で倒れ、静養のため、2週間ヨーロッパへ赴くことになり、その間会長代理をストーンが務めることになった。もちろん反対を押し切ってのジュディスの強引な推挙だった。番組局長ミラーは辞職し、アマンダは自殺した。しかし、ストーンはますます手腕を広げていった。静養を終えた会長夫妻が戻り早速ストーンを求めるジュディスにストーンは身を隠し、強引に彼の部屋に押し入ったジュディスの見たものは、ストーンが全裸の女2人とシャワーでふざけあっているところだった。ジュディスは嫉妬に狂って女たちの服を集めて火をつけた。数日後、ストーンの友人のネルソンとアルフィーの主催するパーティーに出席したジュディスは、ストーンからネルソンに贈られたブレスレットを拾った。“ストーンはホモだ”と叫んだジュディスは殴られ唇をはらした。しかし警察署の前にはカメラの放列がストーンたちをとらえた。このスキャンダルにより、ストーンはTV界から追放されることになった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Love Machine
製作年 1971年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ラブ マシーン