映画-Movie Walker > 作品を探す > ラヴ・パレイド

「レビューのパリっ子」に次ぐモーリス・シュヴァリエ氏主演映画で、ジュールス・チャンセル氏とレオン・ザンロフ氏合作の舞台劇に基いてガイ・ボルトン氏が喜歌劇に脚色したものを、エルネスト・ヴァイダ氏が脚本化し、「思い出」「禁断の楽園」のエルンスト・ルビッチ氏が監督したもの。助演者は「放浪の王者(1930)」のジャネット・マクドナルド嬢を始めとして「素晴らしいかな人生」のルピノ・レーン氏「ハニー」のリリアン・ロス嬢で、その他ライオネル・ベルモア氏、ユージーン・パレット氏、カールトン・ストックデール氏、エドガー・ノートン氏、ヴァージニア・ブルース嬢、マーガレット・フィーリー嬢等も出演している。キャメラは「アイスクリーム艦隊」「テキサス無宿」のヴィクター・ミルナー氏で、この映画の歌詞はクリフォード・グレイ氏が新たに書き下ろし、ヴィクター・シェルツィンゲル氏が作曲した。

4/5
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ヨーロッパ、架空の王国シルヴァニアは女王のルイーズ陛下が治めて、国富み民豊かで平和を謳歌していた。しかし内閣大臣諸公は女王が未だに独身であることに心を痛めていた。或る時シルヴァニアからパリに派遣されていた伯爵アルフレッドが女性スキャンダルを起こして帰国した。伯爵のパリでの所業の詳細な報告を手にした女王は、伯爵を召して、彼がどのように女性を口説いたのかを直接話させた。ところが話に熱が入って、女王自身が伯爵の恋物語の相手役を演じ出した。その様を見た大臣達は女王が結婚されるようになればいいと念じたのである。女王と伯爵との恋模様が本気度を増すと、伯爵の侍者ジャックと女王の侍女ルルも恋に堕ちた。かくて女王と伯爵の結婚式が盛大に執り行われた。伯爵は女王の婿君となったが、やがて「女王の夫」という役割に嫌気を感じ始めた。事毎に伯爵は妻である女王様の命令に服従しなければならないからだ。或る晩彼はオペラの初日の晩に見物に行くようにという命令を拒絶した。しかたなく女王は一人で出掛けたが、夫君の不在は国民に夫婦仲の悪さを露呈することとなり、女王にとっては大変な不名誉となる。ところが伯爵は後からやって来て、国民の前でにこやかな笑顔を振りまいてその場を収めた。しかしその夜、伯爵は明朝パリへ出立し、離婚の成立を待つと言明した。女王は泣いて懇願し、もう二度と命令はしない「あなたは私の王様」だからと誓う。もともと女王を愛している彼は喜んでパリ行きをやめた。かくて伯爵は「女王の夫」から「王様」へと昇格したのである。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Love Parade
製作年 1929年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント支社輸入
上映時間 109
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

レビュー

ルビッチは「シネ・オペレッタ」じゃない方がイイ

投稿者:たっかん

(投稿日:2016/7/10)

この映画、エルンスト・ルビッチ監督が作った「シネ・オペレッタ…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ラヴ・パレイド