TOP > 上映中の映画作品を探す > ラブINニューヨーク

死体置場に勤める気弱な青年と売春婦の恋を描くコメディ。ブライアン・グレイザーがラッド・カンパニーのために製作。エグゼクティヴ・プロデューサーはドン・クランズ。監督は俳優出身のロン・ハワードローウェル・ガンツババルー・マンデルが、新聞記事にヒントを得て脚本を執筆。撮影はジェイムス・クレイブ、音楽はバート・バカラックが担当している。主題歌Night Shiftをバカラックが作曲、キャロル・ベイヤー・セイガーが作詞、クォーターフラッシュが歌っている。出演はロン・ハワードとTVシリーズ「ハッピイ・デイス」で共演したヘンリー・ウィンクラーの他、マイケル・キートンシェリー・ロング、ジーナ・へクトなど。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は岡枝慎二。テクニカラー、ビスタサイズ。1982年作品。

4/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ニューヨーク。派手なかっこうをした黒人が、2人組に襲われて死亡。死体は死体置場に運ばれて来た。フランクリン・デラノー・口ーズヴェルト・ジョーンズという32代大統領と同じ名前の死人は売春婦のヒモで、ヤクザにショバ代を払わなかったので殺されたのだ。死体を売春婦のベリンダ(シェリー・ロング)が確認する。彼女は係員のチャック(ヘンリー・ウィンクラー)に見おぼえがあるというが、彼は否定。彼はアパートでは猛犬におどされるし、ランチ屋が注文と違うものを持ってきても、文句を言うと向こうが気を悪くするからと引きさがるような気弱な男だ。ある日、主任から夜勤業務を命じられた。彼の代わりに昼間の職についたのは主任の甥。それでも彼は文句を言えなかった。9ヵ月後に結婚をひかえている婚約者のシャーロット(ジーナ・ヘクト)は神経質な娘で、隣室の音楽がうるさいからと彼とのセックスを拒否。文句を言いに行くと、なんと隣室の住人はベリンダだった。彼の助手として採用されたビル(マイケル・キートン)は、自称アイディアマン。湧き出てくるひらめきを携帯テレコに吹き込んだりする、かなりの変人で、静かな死体置場はうるさくなった。ビルは死体の運搬に使われるリムジンを勝手に流用し、ハイヤーをやって金を儲けたりする。ある日、金を払わずに抱こうとした客にベリンダがなぐられ、チャックが介抱した。ヒモがいないので金を踏み倒されたりして、売春婦仲間は困っているという。ビルが「俺たちが代わりになってやろうよ。ヒモじゃない、ラヴ・ブローカーさ」と提案。迷った末に彼も賛成。マネージメント料は10%という格安さに、売春婦たちも喜ぶ。かくして、死体置場をオフィスにした売春ビジネスはスタートし、大繁昌する。シャーロットの両親が故郷からニューヨークに出てきて、チャックのアパートで夕食を一緒にする。そこへ、警察にあげられた。ベリンダが電話して来た。来なくていいといったのにシャーロット一家も裁判所についてきて、チャックの隣人に呆れ顔。根が真面目な彼をビルは「男にしてやる」という。ある夜、フランクリンを殺した2人組が死体置場に来て、チャックを殺そうとする。そこへ、ビルが警官とも知らずに2人の客をつれて来て、銃撃戦に。留置されたチャックに、シャーロットは唾を吐いて去る。2人は、売春婦たちのおかげで釈放された。市長は選挙間近なので、アルバイトを不問にし、2人は復職。チャックとベリンダはある夜、結ばれた。翌日の夜、また仕事をするという彼女に怒るチャック。数日後、アパートの廊下で2人は出会い、ベリンダは6丁目のパラダイスで働くことにしたといって出掛ける。そこへ、ランチ屋がまた注文違いのサンドイッチを届けて来た。チャックは敢然として怒ってランチ屋に取り替えろと命令し、吠える犬も一喝して黙らせる。高級クラブのパラダイスに行き、ベリンダに愛を告白。パラダイスでタオル・ボーイをしていたビルと一緒に、3人はニューヨークの街にとび出していく。(ワーナー映画配給*一時間四六分)

作品データ

原題 Night Shift
製作年 1982年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー映画
上映時間 106
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/19更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ラブINニューヨーク