映画-Movie Walker > 作品を探す > 愛の隠れ家

「台風」「大陸非常線」のロバート・モンゴメリーが主演する映画で、モーリ・グランシンの原作を「宿命の窓」と同じくフランセス・グッドリッチアルバート・ハケットが共同脚色し、「男の世界」「宿命の窓」のW.S.ヴァン・ダイクが監督に当たり「台風」「宝島(1934)」のレイ・ジューンが撮影した。相手役は「ターザンの復讐」「酔いどれ船」のモーリン・オサリヴァンで、「蛍の光」のエドワード・アーノルド、「春の火遊び」のエリザベス・パターソン、舞台出のウィトフォード・ケーン、「豚児売り出す」のミッキー・ルーニー、C・ヘンリー・ゴードン、ミュリエル・エヴァンス等担当。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

禁酒法が撤廃されて密醸悪漢団は商売換えを始めた。都会では酒場料理屋、田舎では農民が相変わらず彼らの餌食となった。ラッキイはそうした悪漢団の一派の子分として腕利きの名人で女から女へと渡って歩いた。彼にもついに年貢の納め時が来て高飛びの門出に追跡の警官から一発見舞われて軽傷を負ったが、悪運強くある農家の主人に救われ、追い剥ぎに会ったと偽ってその家で傷の介抱をうけた。ラッキイは初めて味わう田園生活の単調さに飽きて都会への帰心矢の如くだったが、農家の娘ポーリンの美貌に接すると傷が治っても彼女への愛着にひかれて立ち去る気がなくなった。農家の主人ミラー夫妻は質朴な親切な田舎者で心からラッキイを好き、いつまでも彼の留まることを求めた。ラッキイは田舎娘ポーリンの中に今までどの女にも見出せなかった純情を認めた。彼も初めて真面目な恋心を味わった。ラッキイはポーリンと清い結婚をするため1度都へ帰って過去の罪を精算したうえ再び彼女の許へ帰る決心をした。しかしその決心を女に打ち明ける前に彼の居所を突き止めた2人の刑事が都から彼を逮捕すべくミラー家を訪れた。ラッキイは親切なミラー一家の平和を乱さぬために自分は神妙に縄にかかる代わりに自分の身分を隠してくれるように刑事に哀願した。その結果3人は友人として連れ立って都へ帰るように装ったが最後の瞬間になってラッキイは良心の呵責に耐えず、ポーリンにだけ自分の身の上を打ち明けた。ポーリンはそれにもかかわらず彼が刑期を終えて帰って来たうえで結婚してくれと頼んだ。ラッキイは未来を楽しみに自らの罪を精算すべく喜び勇んで引かれていった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Hide Out
製作年 1934年
製作国 アメリカ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 愛の隠れ家