映画-Movie Walker > 作品を探す > ラジオ・アクティヴ・ドリーム

西暦2000年を舞台に核シェルターの中で14年を過ごした若者フィリップとマーローの冒険を描くSF。製作はトム・カルノフスキーモクテスマ・エスパルサ、エグゼクティヴ・プロデューサーはH・フランク・ドミニケス、監督・脚本はアルバート・ピュン、撮影はチャールズ・ミンスキー、音楽はピーター・マニング・ロビンソンが担当。出演はジョン・ストックウェルマイケル・ダディコフほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

18歳のフィリップ(ジョン・ストックウェル)とマーロー(マイケル・ダディコフ)は、1950年代の初期に作られた核シェルターで14年間くらし、2000年に外に出る決意をする。彼らが飛び出した世界は、荒涼とした見たこともないような光景で、そこで2人はマイルズ(リサ・ブロント)という女に会った。核戦争のために恋人を失ったマイルズは、アメリカを憎悪していた。彼女が車の中に忘れていった鍵を、フィリップとマーローが持っていると、女バイカーの集団がやって来て、その鍵を狙った。かろうじて逃げ出た2人は、“エッジ・シティ”と書かれた入り口に着き、そこでも、幼ない子供に銃をつきつけられ、“鍵”をよこせと脅される。2人は、マイルズが忘れていった“鍵”が何なのか見当もつかず、殺されかけていたラスティ(ミッシェル・リトル)という少女を救けたことから、彼女の仲間のところに連れていかれ、そこで懐かしの40年代を味わうのだった。ラスティも鍵を狙っており、2人は宙吊りにされ、またおどされた。その鍵が、権力者になるために必要なことを知った。さらに、そして、やっとその鍵が核弾頭を爆発させるのに使うことも知るのだった。地球に生き残った者たちのこの醜い争いにイヤ気がさしている頃、まだ3歳と4歳という子供だったフィリップとマーローを核シェルターに置き去りにしていったチャンドラー(ジョージ・ケネディ)とハーマー(ドン・マレイ)が、彼らの前に再び現われるのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Radioactive Dreams
製作年 1986年
製作国 アメリカ
配給 松竹富士
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ラジオ・アクティヴ・ドリーム