TOP > 映画作品を探す > 宇宙への選択

監督・脚本は「コクーン」の脚本などを書いたデイヴィッド・サパーステイン。製作はジョセフ・ペレツ。撮影はジョン・バートレー。主演は「ウォール街」のマーティン・シーン、「タッカー」「薔薇の名前」のクリスチャン・スレイター。共演は「キング・オブ・デストロイヤー コナンPART2」のオリヴィア・ダボ、「愛と哀しみのボレロ」のシャロン・ストーンなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

17歳のエリック(クリスチャン・スレイター)は、ロケット飛行士になるのが夢。母は、学校を退学処分になったエリックを、すでに離婚している彼の父親の元へ送った。父親は片田舎でロケットの装備技師をしていた。エリックはそこでマーラ(オリヴィア・ダボ)と知り合う。マーラはアポロ計画最後の宇宙飛行士アンドリュース(マーティン・シーン)の友人だった。エリックを気に入ったアンドリュースは、月面で発見した光を放つ石を持っていること、石を月に返したと思っていること、そして自分が白血病であることを彼に語った。エリックはアンドリュースとの友情を育んだ後、学校へ帰った。アンドリュースはエリックに自分の宝物である石を贈った。エリックは次の世代のアストロノーツとなる決心をする

作品データ

原題 Beyond The Stars
製作年 1989年
製作国 アメリカ
配給 創美企画配給
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 宇宙への選択