映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 夜を逃れて

麻薬中毒の夫を抱える妻と、その家族をめぐる悲劇を描いたマイケル・ヴィンセント・ガッツォーの舞台劇の映画化。「日のあたる島」のアルフレッド・ヘイスが脚色、「オクラホマ!」のフレッド・ジンネマンが監督した。撮影監督は「スピードを盗む男」のジョー・マクドナルド、音楽は「間違えられた男」のバーナード・ハーマン。主演は「すてきな気持」のエヴァ・マリー・セイント、「バス停留所」のドン・マレイ、舞台出身のアンソニー・フランシオサ、「二十七人の漂流者」のロイド・ノーラン

5/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ニューヨークのイースト・サイドの中流アパート。挑戦戦線で負傷して以来、麻薬常用者になっていたジョニイ(ドン・マレイ)は、妻のシリア(エヴァ・マリー・セイント)と兄のポロ(アンソニー・フランシオサ)と3人、そこに住んでいた。ある日、フロリダでバーテンをしている父のポープ(ロイド・ノーラン)が、ポロが用立ててくれる約束の2500万ドルを取りにきた。が、金は、ジョニイの苦しみを救うため麻薬密売者へポロが渡した後だった。ジョニイが麻薬患者であることを知るのはポロ1人、妻のシリアにも隠していた。勿論この事実を知らぬ父はポロを罵り、ポロはそのまま部屋を出た。その夜ジョニイは麻薬のために借りた500ドルを調達するため雪の街へ出たが金はできず、切れた麻薬の苦しみに夜の街をのたうっていた。その頃ポロが帰宅、寝もやらぬシリアに愛を訴え、シリアも感情の炎をかきたてられたが強い理性で最後の一線を守った。翌朝、シリアが勤めに出たあと半狂乱になったジョニイが帰ってきた。ポロはジョニイを警察病院に入れようと車に乗せたが、苦しむジョニイは街路へ飛び降りようとする。仕方なく麻薬密売者の取引場へ車を向けると彼らは目前で警察に捕まる。ポロは遂に愛用の自動車を売りジョニイに別の業者から麻薬を買って与えた。落着いたジョニイにポロは根本的解決をすすめた。まず妻のシリアに告白すること。その夜、ジョニイは妻に真実を告白、訪ねてきた父にも話した。ところが、これを聞いた父は、ジョニイの堕落は兄や妻の責任だと語った。居たたまれぬ思いにジョニイは家をとび出し灰色の街を麻薬の恐怖に襲われながらさまよった。しかし一度麻薬を断つと決心した彼は兄の愛、妻の愛にも報いるため再び暗黒の世界へ戻りたくはなかった。シリアの胎内には新しい生命さえ宿っていた。ジョニイは家に帰りシリアに警察へ電話をかけさせた。「麻薬患者を収容して下さい……彼は渡しの夫です!」--シリアの震える指がダイヤルを回していた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 A Hatful of Rain
製作年 1957年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 夜を逃れて