映画-Movie Walker > 作品を探す > 夢のひととき

ニューヨークを舞台にしたミュージカル・コメディ。監督は「姉妹と水兵」のリチャード・ソープ、製作はジョー・パスターナク、脚本はリチャード・コネルグラディス・レーマン、撮影は「イースター・パレード」のハリー・ストラドリング、音楽はジョージ・ストールがぞれぞれ担当。主演は「恐ろしき結婚」のヘディ・ラマー、「初めか終りか」のロバート・ウォーカー、「若草物語(1949)」のジューン・アリソン

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ジミー(ロバート・ウォーカー)はニューヨークの大ホテル、エデンのボーイ。彼は気が弱く人の良い親友のアルバート(ラグ・ラグランド)と同じアパートに暮らしていた。上の部屋には昔踊り子で、今は足の怪我がもとで歩けなくなり、人形づくりで生計を立てているジミーの恋人レスリー(ジューン・アリソン)が住んでいた。3人は貧しいが幸福な日々を送っていた。ある日、ジミーはホテルの裏階段でとても美しい娘に会い散歩するが、彼女は実はアメリカ人の恋人に会いにヨーロッパの小国からお忍びでやってきたヴェロニカ姫(ヘディ・ラマー)だったのだ。このことでジミーは、支配人から首になりそうになるが、ヴェロニカが彼をお付きボーイに任命したためことなきを得る。ジミーはすっかり有頂天になりレスリーのことを忘れてしまった。レスリーはジミーの出世のために、身を引こうとまで考えるようになる。一方ジミーは、知り合いの新聞記者パウルにヴェロニカを紹介した。何とヴェロニカが追いかけてきた恋の相手とは、このパウルであった。パウルはヴェロニカの王位継承者という肩書きにため二人が愛し会うのは無理だと語る。ヴェロニカは帰国の決心を固め、ジミーは彼女について行こうと思ったが、レスリーの心からの愛に気付き、ヴェロニカにもそのことを告げた。ヴェロニカは本当の愛の強さというものをジミーから教わり、王位を捨ててパウルの胸に飛び込んでいった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Her Highness and the Bell Boy
製作年 1945年
製作国 アメリカ
配給 セントラル
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 夢のひととき