TOP > 上映中の映画作品を探す > ユダヤ六〇〇万の虐殺者 アイヒマン追跡作戦

ナチスのユダヤ人絶滅計画の責任者アドルフ・アイヒマンを主人公にしたドラマ。ルイス・コプレーの脚本をR・G・スプリングスティーンが監督した。撮影に当ったのはジョセフ・ビロック。音楽はアレックス・アレキサンダーである。出演するのはアイヒマンによく似たワーナー・クレンペラーのほかドナルド・ビューカ、ルタ・リーなど。製作はサム・ビスコフとデイヴィッド・ダイヤモンド

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1941年、ナチのヒムラー内相が“ユダヤ問題最終解決”命令をアイヒマン大佐(ワーナー・クレンペラー)に伝えた時に、ドイツ国内のユダヤ人の悲劇ははじまった。アイヒマンはガス室による大量殺人を考案したのだ。毎日ドイツ各地の収容所にユダヤ人が送られて来た。巧妙にカモフラージュされた体制の下に、ユダヤ人たちは死の部屋へ送られていった。アウシュヴィッツ収容所で両親や妹を殺されたデヴィッド(ドナルド・ビューカ)は、強制労働にまわされ命だけは助かった。彼は後年イスラエルの秘密調査機関ハガナで活躍する運命にあった。アイヒマンには多くの女がいたがアンナ・クムプ(ルタ・リー)もその1人である。1945年にヒットラーのナチが崩壊すると、アイヒマンは米軍捕虜収容所に入れられたが、たくみに身分をいつわった。彼は、そこでの追求がきびしくなると脱走し、ベルリンでアンナに落ち合うとユダヤ人から没収した宝石類を携えてスペインへと逃げた。アイヒマンの足取りは永い間つかめなかった。たまたまアンナが時計を修繕に出した。時計屋は強制収容所にいたことがあったので、その時計に見覚えがあった。アイヒマンがユダヤ人からとり上げたものだったからだ。時計屋はアンナとアイヒマンの写真をハガナ機関に送った。それが唯一のしかも始めてのアイヒマンに関する情報だった。成長したデヴィッドらがスペインに急行した。だがアイヒマンは地下のナチ党員の助けでまたもやスペインを脱出した。2年たった。ブエノス・アイレスでアンナと再開したアイヒマンはナチ地下党員の世話である工場に勤務した。一方ハガナ機関もアイヒマン追求を続け、彼の所在をつきとめた。アイヒマンの思い上がった行動はだんだんナチ地下党員の非難をあび、ついに同志からも命をねらわれ出した。メキシコに逃れようとするアイヒマンにはナチの刺客と、それを見張るデヴィッドらのハガナ機関員たちがつきまとった。刺客に気づいたアイヒマンは彼を逆に倒そうとした。車で後をつけていたデヴィッドたちは、ここで遂にアイヒマンを捕らえることが出来た。彼の15年にわたる逃走も終りをつげたのである。

作品データ

原題 Operation Eichmann
製作年 1961年
製作国 アメリカ
配給 アライド・アーチスツ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ユダヤ六〇〇万の虐殺者 アイヒマン追跡作戦