映画-Movie Walker > 作品を探す > 勇者の街

西部劇作家のフランク・グルーバーが自からの原作を脚色、TV「ララミー牧場」のレスリー・セランダーが監督した。撮影はW・ウォーレス・ケリー、音楽はジミー・ハスケルが担当。出演者は「危険な道」のダナ・アンドリュース、「いとしのシバよ帰れ」のテリー・ムーア、「野良猫」のパット・オバライエン、「赤い河」のコリーン・グレイ、それにA・C・ライルズ一家といわれているロン・チャニーデフォレスト・ケリーなど。製作は「黒い拍車」のA・C・ライルズ。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

正義のかたまりのような男ロッサー(ダナ・アンドリュース)は、カンサスの親分コンダー(ブルース・キャボット)に命を狙われていた。ライリーの子分リングは、コンダーの命令を受けてロッサーを狙撃、あやまってロッサーの妻ロルを殺してしまった。ロッサーはコンダーを殺すため、コンダーが支配する町ホワイト・プレインズに旅立った。途中駅馬車で、スーザン(テリー・ムーア)という美人と知り合いになり、お互いに心ひかれるようになった。スーザンは夫のティブナー(デフォレスト・ケリー)に会いに行くところで、ティブナーはコンダーのパートナーといわれている男だった。ロッサー来る!の報は町中に広がった。コンダーには多勢の子分がいたが、ロッサーの早射ちと対抗できる者は1人もいなかった。町では、町の発展のために、鉄道を通そうとするジェームズ(バートン・マクレーン)、ケント医師、ディビスなどが一団となって、コンダー一味と対立していた。そんな空気の中に、ロッサーが乗りこんできた。コンダーは子分のリングとホンジガーをシェリフに任命した。そしてロッサーを正式に逮捕させようというのだが、ロッサーの立派な態度に手が出せなかった。コンダーは大男のフロンを使って、ロッサーに喧嘩を売らせたが、フロンはロッサーに叩きつけられてしまった。そんなロッサーにスーザンはますますひきつけられていった。一方、町の人たちは、コンダーの暴力から町を守るため自警団を組織した。怒ったコンダーは一味を連れて、自警団と戦いを開始した。銃には素人の自警団は、コンダー一味の敵ではなかった。それを知ったロッサーは単身、コンダーの本部である酒場に乗りこんだ。凄絶な決闘が続いたが、リング、ティブナー、と倒され、ついにはコンダーも射殺された。妻の仇を討ったロッサーは、何故か淋しそうに町を去っていくのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Town Tamer
製作年 1966年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 勇者の街