TOP > 上映中の映画作品を探す > 憂国の義人

「人間力」「上海目指して」に次ぐリチャード・ディックス氏主演映画で、グローヴァー・ジョーンズ氏が執筆した原作をレイ・ハリス氏とサム・ミンツ氏とが脚色し、「青春倶楽部(1926)」「好いて好かれて」等のディックス映画をものしたグレゴリー・ラ・カヴァ氏が監督したものである。助演者は「抜き足さし足」「ネバダ男」等出演のセルマ・トッド嬢、「暗黒街」「決死隊」等出演のフレッド・コーラー氏。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

黄金境カルフォルニアがアメリカに併合された頃のこと、第一の大金山の所有者たるムリエタ家の嫡子ホアキン・ムリエタは米政府から派遣されている監督官エインスウォースの娘ルースと恋におちていた。ホアキンは武男の譽れ高く且つまた優雅な若人であった。その頃アメリカ東部から流込んだ人間の群の中にジャック・ハンビーと呼ぶ男を頭目とする無頼の徒党があってムリエタ家の金山を横領せんと企てていた。ある時ジャックはホアキンと顔を突合せホアキンのために散々の目に逢わされた。間もなくホアキンはルースに結婚を申込み彼女の父の承諾を求めてその事務所を訪れた。その時ルースの父は悪人ハンビート口論の末殺害されていて、傍にはかねてハンビーが盗んでおいたホアキンの拳銃が捨ててあったのでホアキンは下手人として引立てられた。ホアキンは辛うじて一先づ逃れたが、追窮が激しいので町へ帰ることも出来なかった。この間にハンビーは権力を濫用して人民に重税を課し、土地財産を没収するなど暴状至らざるなき有様であった。ために人々は非常な苦しみを嘗めたがホアキンは絶えず悪人の黄金を奪って貧民に惠み、又ハハンビーの本據を襲って彼らの心膽を寒からしめた。その内ルースが馬車でサンフランシスコへ行こうとしたことがあった。これを知ったホアキンは途中で彼女に会ったが、ハンビーの術中に陷り囚はれの身となった。しかしホアキンの武勇は遂にハンビーを壓して勝利を占め、折柄急行して来たサンフランシスコ自治団の手によって平和が再び帰って来たのである。

作品データ

原題 The Gay Defender
製作年 1927年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント支社
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

Joaquin_Murieta リチャード・ディックス
Ruth_Ainsworth セルマ・トッド
Jack_Hamby フレッド・コーラー
Commissioner_Ainsworth Fred Esmelton
Senor_Murieta ロバート・ブロウアー
Servant Augestina Lopes
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/31更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 憂国の義人