映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 野郎!拳銃で来い

西部劇「砂塵」の3度目の映画化。2度目の監督ジョージ・マーシャルが再び演出を担当。マックス・ブランドの小説からエドモンド・H・ノースダニエル・D・ビューチャンプが脚本を書いた。撮影はジョージ・ロビンソン、音楽はジョセフ・ガーシェンソン。出演は「抜き射ち2挺拳銃」のオーディ・マーフィ、「40人の女盗賊」のマリ・ブランチャードのほか、トーマス・ミッチェルウォーレス・フォードら。製作スタンリー・ルービン

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1880年、西部の町レストルフは、酒場を経営する悪党デッカー(リール・ベトガー)によって支配されていた。デッカーは情婦ブランディ(エドガー・ブランチャー)と共謀して、スキナーの牧場を奪い、これを検挙した保安官ベイリーを手下に射殺させた。デッカーの息のかかっている町長セラーズは後任にアル中のバーナビイを任命した。彼はかつて名保安官デストリーの助手をしたことがあり、今度はデストリーの息子トムを自分の助手に傭った。トムは拳銃こそ持たぬが、町のトラブルを手際よく片づけた。ある日、トムはデッカーの手下カーリーと酒場で射撃の競争をした。その後で、トムはカーリーが壁に打ち込んだ弾丸を持って帰った。彼は心臓病で死んだといわれているベリーがデッカー一味に射殺されたとにらんでいた。医師カーチスがベリーの死体から摘出し、隠していた弾丸とカーリーの射った弾丸とが同種類のものとわかった。カーチスは町長セラーズの命令でにせの死亡書を書いたと白状した。トムはカーリーを留置した。そこにブランディから呼び出しがあり、トムは彼女を訪ねた。その留守中、デッカー一味はカーリーを救いだし、バーナビイを射殺した。トムは父愛用の拳銃を持って、デッカーと対決した。酒場で射ち合いが展開した。トムをかばったブランディはデッカーの弾丸に倒れた。が、その時デッカーもまたトムに殺られた。トムはかねてから愛しあっていたスキナーの姪マーサとめでたく結ばれた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Destry
製作年 1955年
製作国 アメリカ
配給 ユニヴァーサル
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 野郎!拳銃で来い