映画-Movie Walker > 作品を探す > 野望の系列

アレン・ドルーリーの原作を、ウェンデル・メイスが脚色し、「栄光への脱出」のオットー・プレミンジャーが製作・監督した上院を舞台にした政界ドラマ。撮影は「栄光への脱出」のサム・リーヴィット、音楽はジェリー・フィールディングが担当した。出演は「西部開拓史」のヘンリー・フォンダ、「スパルタカス」の故チャールズ・ロートンのほかに、ドン・マレイ、ウォルター・ピジョンピーター・ローフォードジーン・ティアニーなど。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アメリカ大統領は、欠員の国務長官候補にレフィングウェル(ヘンリー・フォンダ)を指名したので政界は大さわぎとなった。彼は学者出身の腕ききだが敵の多い人物で反対者も多数いた。与党の総務マンソン(ウォルター・ピジョン)は大統領に忠告したが、逆に協力を求められた。ある夜、国際的な大パーティが開かれ、ハドソン副大統領は、マンソンに大統領の病状が思わしくないことをかたった。再開後の委員会は、レフィングウェルを招き聴問した。この時、ゲルマンという男から電報が入り、レフィングウェルが、かつて共産主義者の団体と接触があったと発表された。すぐにゲルマンは召喚された。ゲルマンはかつてレフィングウェル教授の生徒で、教授の友人モートンと共に、集会に出ていたことを証言した。しかしレフィングウェルの否定を、ゲルマンも認めたので、彼の立場は有利になった。ところがレフィングウェルは大統領を訪ね、委員会で偽証したことを告白、モートンとは財務省のフレッチャーであることを明らかにし、指名の撤回を求めた。しかし大統領の意志は動かなかった。一方、フレッチャーとモートンが同一人物であることを嗅ぎ出したクーリーは、フレッチャーを呼び出し、告白を強制した。告白電話を受けたアンダーソンは、マンソンに伝え、票決の延期をした。アンダーソンには軍隊時代、同性愛という過去があった。それをタネに、議長の席から彼を追い出そうとする脅迫電話が何度もかかり、ついに彼は自殺してしまった。脅迫の犯人はアッカーマンだった。大統領はアンダソンの死をいたみながらも、自分の健康状態がよくないことから、レフィングウェルの国務長官就任を望んだ。委員会は再開され、票決は二分した。この場合、副大統領の1票で可否が決定する。この時副大統領は、大統領の死を発表した。そして彼は新大統領としてマンソンに近づき、国務長官には新しい候補を指名すると語って協力を求めるのだった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 Advise & Consent
製作年 1961年
製作国 アメリカ
配給 A・T・G
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 野望の系列