映画-Movie Walker > 作品を探す > 野性の女(1955)

「長い灰色の線」のタイロン・パワーと「悪の花園」のスーザン・ヘイワードが主演する開拓映画。バート・E・フリードロブと「哀愁の湖」のウィリアム・A・バッカーが1955年に製作した。ヘルガ・モレイの原作から「円卓の騎士」のタルボット・ジェニングス、「悪の花園」のフランク・フェントン、「ケイン号の叛乱」のマイケル・ブランクフォートが共同で脚本化、ジェニングスとバッカーが脚色し、「壮烈カイバー銃隊」のヘンリー・キングが監督に当たった。撮影は「真紅の女」のレオ・トーヴァー、音楽は「裏窓」のフランツ・ワックスマン。共演者は「海底の黄金」のリチャード・イーガン、「彩られし幻想曲」のジョン・ジャスティン、「心のともしび」のアグネス・ムーアヘッド、「悪の花園」のリタ・モレノ、「豪傑カサノヴァ」のホープ・エマーソン、ブラッド・デクスターなど。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1847年、オランダ人が南アフリカに自由植民地を開拓しようとしていたところ、南阿で自衛隊の指揮をしていたポール・ヴァン・リーベック(タイロン・パワー)はアイルランドのリメリック郡に馬を買いに来て、郷士オニールの娘ケイティ(スーザン・ヘイワード)と親しくなった。しかしポールは彼女を諦めて南阿に帰り、ケイティはかねてからの求婚者ショーン(ジョン・ジャスティン)と結婚した。半年後、アイルランドは未曾有の凶作で、オニールの農園も大打撃をうけ父はケイティに新天地を求めて移住するようすすめて病死した。ケイティは夫と南アフリカに移住した。船中2人の間に子供が生まれた。ケープタウンについた夫婦はホッフェン谷へ行く移住団に加わった。この地の自衛隊長はポールだった。移民団は蛮族の出没するジャングルを進んで行った。途中護衛の1人カートがケイティに言いよっていざこざを起こした。ある日一行は蛮族の大群に襲撃され、全滅に瀕したところをポールの救援隊に救われた。この戦いでショーンは死んだ。ポールはケイティとの再会に驚き、ホッフェン谷到着の祝賀舞踏会で邪魔に入ったカートを叩きのめしてケイティと結婚した。だがポールは自衛隊に帰らねばならず、当分の間ケイティと別れることになった。留守中、ケイティはポールの子を生んだ。そしてケープタウンに出かけてポールの祖先の家を買い戻した。やがて彼女とポールは再会したが、長い間の別居で2人の間に感情のもつれが出来、ケイティは1人ホッフェン谷へ帰った。途中、彼女は無法者の親分になっているカートに会った。カートは町の治安回復のためポールが来ることを知り、待ち伏せして彼を殺そうとしたが失敗、かえってポールに射殺された。そしてポールとケイティはホッフェン谷を永住の地ときめて、協力して開拓に力を注いだ。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Untamed
製作年 1955年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス極東会社
上映時間 111
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 野性の女(1955)