TOP > 上映中の映画作品を探す > 問題の勲章

モーリス・トゥールヌールがラスキー社において「宝島(1920)」の前に製作した怪奇活劇で、かのタイタニック号に乗り込んでいたため独艇の犠牲となってしまったフランスの文豪ジャック・フートレル原作の同名の小説から脚色したものである。主役は「日没の悲歌」などに主演したシルヴィア・ブリーマーと、「古今サロメ」「世界の薔薇」出演のウィンダム・スタンディングである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

マイ・レイディース・ガーターと呼ばれる14世紀時代からある名門の家に伝わる勲章は、今は博物館の箱の中に納められてあった。一夜それは「鷹」という稀代の凶賊の盗み去るところとなった。鉄道会社長ハミルトンの娘ヘレンはキーツ・ゴーントという男と恋仲で、一夜駆け落ちしようと準備していた。探偵のメレディス、デキスターの2人に追われた「鷹」は計らずヘレンの窓下に身を忍ばせたが、ヘレンは彼を恋人と信じて大切の宝石類を手渡した。「鷹」はこれを持って逃げ去り、かえってゴーントが捕らえられてしまう。ヘレンはブルース・カルホーンという青年と知り合いになるが、彼は素性不明で、時折は怪しい素振りさえも見られるのであった。「鷹」はある銀行へ盗みに入ることを探偵の元へ予告してきた。厳重なる探偵の警戒裡に彼は見事銀行の金庫を破って逃げ去った。ブルースは探偵につけ回されるが、結局彼が米国秘密探偵の一員であること、「鷹」とはヘレンの元へ度々出入りするヘンリー・ヴァン・ダーブという男であることが分かり、悪人は捕らえられブルースはヘレンと結婚する。

作品データ

原題 My Lady's Garter
製作年 1920年
製作国 アメリカ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 問題の勲章