映画-Movie Walker > 作品を探す > 猛犬ご注意

G・B・スターンの原作をアルバート・アレイが脚色、「ボクはむく犬」のノーマン・トーカーが監督したドッグ・コメディ。撮影はエドワード・コールマン、音楽はジョージ・ブランスが担当した。出演は「生きる情熱」のスザンヌ・プレシェットディーン・ジョーンズチャーリー・ラグルズケリー・ソードセンなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

画家のマーク(ディーン・ジョーンズ)と妻フラン(スザンヌ・プレシェット)は大の犬好き。フランの愛犬ダックスフントのダンケが3匹の子犬を生んだ。引き取りに行ったマークをつかまえてプルーイット獣医はグレート・デンが子犬を生んだが、乳が足りない上1匹だけは母親がのけものにするので可哀そうだからダンケに育てさせてくれとムリに頼んだ。グレート・デンは犬の王様、ブルータスと名づけて飼うことになった。ブルータスは自分もダックスフントの仲間と思い込み、彼らのマネをして長い足を曲げて腹ばいで歩きまわる。ダンケ親子はいたずら好きで要領がいい。いつも図体が大きくてまごまごするブルータスのせいにされ、とうとうガレージに隔離された。そこでも、巡回にやって来た巡査部長を曲者と間違えたり夫婦主催のガーデン・パーティではダックスフントと喧嘩して会場に踊りこんで大混乱を起こさせたりで、怒ったフランはブルータスを獣医に返すと言い出した。ところがダックスフントの子犬が清掃車に危うく連れ去られるところを騒ぎたてて助け出したことから信用回復、マークをホッとさせた。フランはブルータスにグレート・デンとしてのプライドを持たせることが大切とマークに忠告、彼は獣医と相談してドッグ・ショウに出場させることにした。猛訓練の結果あぶなっかしいところもあったがみごとにブルーリボン賞を獲得した。だが、フランのダックスフントが選にもれたことを知ったマークはそれを妻にかくしていた。彼女を傷つけたくなかったからだ。だが、結果はそんなことで妻を怒らせはしなかった。この1件以来、彼女は良い家庭をつくることだけに専念するようになった。犬はペットでさえあればいいのだと…。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Ugly Dachshund
製作年 1965年
製作国 アメリカ
配給 ウォルト・ディズニー映画
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
/

フランスの植民地だったジブチで起きたバスジャック事件の人質救出劇を実話を基に描く

/

伝説的英雄ロビン・フッドの誕生の物語を描いたタロン・エガートン主演のアクション

/

アンジェリーナ・ジョリー演じる邪悪な妖精を主人公に描いた『マレフィセント』の続編

  • 4.
  • 5.
Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 猛犬ご注意