映画-Movie Walker > 作品を探す > メイム叔母さん

ブロードウェイでヒットした同名ドラマの映画化。ベストセラーとなったパトリック・デニスの原作を「バンド・ワゴン」のコンビ、ベティ・カムデンアドルフ・グリーンが脚色、監督は舞台でも演出に当ったモートン・ダコスタ。撮影は「パジャマゲーム」のハリー・ストラドリング。音楽はブロニスロー・ケイパー。出演するのは舞台劇と同じくロザリンド・ラッセルをはじめ、フォレスト・タッカーフレッド・クラークら。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

10歳の孤児パトリックは父の遺言で婦人家庭教師ノラと一緒に、たった1人の身内であるメイム叔母さん(ロザリンド・ラッセル)の邸を訪ねた。享楽家のメイム叔母さんはカクテル・パーティをやっていた。そこへパトリックの法定後見人であるバブロック(フレッド・クラーク)がきた。バブロックは、パトリックの教育のことで、メイム叔母さんと論争、数カ月後には彼女の手許からパトリックを奪い、コネチカットの田舎町にある学校におしこめた。1929年に起った株の大暴落は、メイム叔母さんの財産を奪った。だが陽気な彼女はそんなことにおかまいなく、いろんなアルバイトをはじめた。しかしそれもことごとく失敗した。とどのつまり、大売り出し中のデパートお売子となり、そこで南部出の紳士ボウレガード(フォレスト・タッカー)と知り合った。しかし勘定書の書き方も知らぬためここもクビ。クリスマス・イヴの日、メイム伯母さんを慰めにやって来たのはボウレガードだった。彼は彼女を南部の町に招待した。やがて2人の間は恋愛に発展し、結婚にゴールインした。しかしその幸福も長くは続かなかった。ボウレガードはアルプスの高峰マッターホルンから墜死してしまった。今は大学生に成人したパトリックは、メイム伯母さんに、秘書と文士を雇って波瀾に富んだ自叙伝を書かせることにした。パトリックにはグローリアという女友達があったが、彼女の両親はメイム伯母さんの無軌道な奔放ぶりが気に入らなかった。彼は、伯母さんの新しい秘書ペギーンの方がグローリアよりも好きになっていた。年月が流れ、パトリックには妻のペギーンと、10歳になる息子マイケルができていた。マイケルはインド行の夢を見たが、両親に反対され、メイム伯母さんを訪ねた。彼女は小さなマイケルに、かつてのパトリック同様新しい人生のコースを教えた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Auntie Mame
製作年 1959年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

Auntie_Mame ロザリンド・ラッセル
Beaugard_Burnside フォレスト・タッカー
Vera_Charles Coral Brower
Mr.Babcock フレッド・クラーク
Patrick_Dennis ロジャー・スミス
Lindsay_Woolsey パトリック・ノウルズ
Agnes_Gooch ペギー・カス
Patrick_Dennis(child) Jan Handzlik
Gloria_Upson ジョアンナ・バーンズ
Pegeen_Ryan Pippa Scott
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > メイム叔母さん