映画-Movie Walker > 作品を探す > ミラクルマスター 七つの大冒険

動物を意のままに操つることのできる主人公が、悪逆非道な司祭を倒すまでの剣と魔法の物語。ポール・ペパーマンシルヴィオ・タベットが製作。エグゼクティヴ・プロデューサーはネイダー・アルッシとシルヴィオ・タベット。監督は「ファンタズム」(78)のドン・コスカレリ。脚本をドン・コスカレリポール・ペパーマンが書いている。撮影はジョン・オルコット、音楽はリー・ホールドリッジが担当。出演はマーク・シンガーリップ・トーン、タニヤ・ロバーツ、ジョン・エイモスなど。アメリカではThe Beastmasterの題で、MGM/UAが配給。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は進藤光太。CFIカラー、ビスタサイズ。1982年作品。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大古。広大な砂漠を領するアルークという国があった。この国では、国王ゼッドから実権を奪おうと企む悪徳司祭のマークス(リップ・トーン)が、アー教という宗教を盾に傍若無人の振る舞いをしていた。深夜、地下納骨堂で煮えたぎる鍋に王と王妃の顔がうつり、妖怪が「これから生まれる2人の間の子供が、お前を殺すだろう」と予言する。それを聞いたマークスは怒り、妖怪に子供を殺せと命じた。妖怪は王夫婦の寝所に忍び込み、2人を動けなくしてから、王妃の子宮の子供を連れて来た牛の腹に移しかえる。野原で牛の腹を裂き、子供を殺そうとするが、通りかかった旅人が妖怪にナイフを投げて子供を助けた。旅人はエムール国の長老で、彼は子供をダールと名付け自分の子として育てる。少年になったダールは、熊を自分の意のままに操つれる能力に気付いた。月日がたち青年となったダール(マーク・シンガー)は、丘で畑仕事をしていた。そこへ蛮族ジャンが襲いかかってきた。エムールはダールを除いて全滅した。彼は以前、父が自分は本当の親ではないこと、正体を知りたかったらアルークの谷へ行けといっていたことを思い出し、旅へ出る。彼の目というべき鷲と愛犬コドもいっしょだ。途中で2匹のいたずら者のマングースや、熊、黒豹が仲間に加わる。川のほとりで水浴びをしている美女キリ(タニヤ・ロバーツ)と知りあう。アー神殿の奴隷だという彼女は、ダールの手を振り切り去っていった。ダールは人間を羽のような袋で包んでとかしてしまう、恐ろしい鷲人間の集落へ入ってしまったが、彼らはダールの連れている鷲を見て、ダールに手を出そうとはしなかった。アー神殿に接近したダールは、マークスがいたいけな少女を生贅として火の中へ放り込もうとするのを目撃、鷲に命じて少女を救う。怒ったマークスの手下に追われるダール。黒豹が穴に落ちたのを、2人の旅人が手助けして救出した。1人はタルという少年で、ゼッド王の息子でキリとはいとこという関係だった。もう1人はセス(ジョン・エイモス)という棒使いの達人であった。2人は幽閉されているゼッド王を救いに行くという。3人は船つき場でキリを助け出すことに成功する。彼女の案内で神殿に侵入したダールとタルは、国王を救出する。ゼッド王はマークス打倒にはやる。しかし、味方は35人。マークスの術中にはまり生け捕られてしまった。王の無謀な計画に反対して決起に加わらなかったダールは、アー神殿に駆けつけ、マークスと対決。ついにダールはマークスを倒す。民衆も立ちあがり、マークス一派は壊滅する。そこへ、ジャン族が攻めて来た。ダール、そしてセスの指揮で防御が固められた。夜になり、ジャン族との死闘がくりひろげられた。ジャン族はやられて、民衆はダールを王にいただこうとする。自分がゼッド王の子供であることを知りながら、ダールはそれをしゃべろうとせず、弟のタルに国をまかせて1人旅に出る。丘の頂上に立つ彼の後に人が…。彼を恋するキリであった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Miraclemaster
製作年 1982年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド映画
上映時間 118
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

『ミラクルマスター』(2作品)

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ミラクルマスター 七つの大冒険