映画-Movie Walker > 映画作品を探す > ミスタア・パルバー

「ミスタア・ロバーツ」のトーマス・ヘッゲンジョシュア・ローガンの原作をローガンとピーター・S・フェイブルマンとが脚色、ローガンが製作・監督したネイビー・コメディ。撮影は「スペンサーの山」のチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽は「浮気の計算書」のジョージ・ダニングが担当した。出演は「零下の敵」ロバート・ウォーカー・ジュニア、「嵐の季節」のミリー・パーキンス、「史上最大の作戦」のトミー・サンズ、「シャレード」のウォルター・マッソー、「大いなる西部」のバール・アイヴスほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

第2次大戦も終りに近い頃、南太平洋の海をアメリカ海軍の貨物船が航行していた。船長(バール・アイヴス)は心の奥にある人間的な感情を、表面の冷酷さでかくしているので、乗組員全員にひどくけむたがられていた。ある夜、映画会が開かれ、その映画をヒントに、パルバー少尉(ロバート・ウォーカー・ジュニア)は、以前休暇のときに酒をたのまれ、折角買って来てやったのに船長に見つかって海に捨てられた恨みを持つ軍医(ウォルター・マッソー)と、船長に悪戯した。怒った船長は、全乗組員を戦闘態勢につかせ犯人がわかるまではあらゆる自由を剥奪すると言った。だが、乗組員は苦にしない。むしろ、日頃のウップンから喜んでさえいた。その後パルバーは、軍務で小さな島に上陸、一団の看護婦たちに会い、その中のスコッティ(ミリー・パーキンス)と仲良くなった。ある日、特に船長に恨みを持っていた通信兵のブルーノー(トミー・サンズ)は、パルバーの拳銃を持ち出し、船長を撃とうとしたが、来合わせたパルバーに止められ、はずみに船長を海に落としてしまった。驚いたパルバーは、救命ボートを下し、自分も飛び込んだ。船は何も知らずに去って行った。2人が疲労から殆んど意識を失いかけたころ、ボートはある島にうちあげられた、そこにはポリネシア人や飛行機で不時着したスコッティたちがいた。船長は急性盲腸炎を患ったが、手術できるものは誰もいない。やっと貨物船と連絡がとれた。パルバーたちの船だ。船医が無線で手術を指示し、パルバーの執刀で無事成功した。やがて船長とパルバーは帰船した。そして、船長は転属願いを出し、船を去って行った。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Ensign Pulver
製作年 1964年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > ミスタア・パルバー