TOP > 映画作品を探す > 初陣ハリー

マック・セネット喜劇のスターだったハリー・ラングドン氏の自社設立第1回長編喜劇でティム・ウィーラン氏、フランク・キャプラ氏その他ギャダ・メンが合作した台本によりセネット喜劇時代から引き続いてラングトン喜劇の監督だったハリー・エドワーズ氏が監督したものである。主役ハリー・ラングドン氏の相手役は評判の新進女優ジョーアン・クロウフィード嬢が勤めトム・マレイ氏、アレッタ・フランシス氏、エドワード・デイヴィス氏等が助演している。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

バートン製靴会社の社長ジョン・バートンが大陸横断徒歩競争を発表し第1着の選手には2万5000ドルの賞金を与えるというポスターを見たとき貧乏靴店の倅ハリー・ローガンは競争に参加する意志は毛頭なかった。しかしポスターの美人の綺麗なのに我を忘れて眺めていた。ハリーは間違いで競争に参加することになってしまった。けれどもポスターの美人が社長の令嬢ベティーであることが分かったときにハリーはこの競争には是非とも勝とうと決心したのである。競争者の中にはチャンピオンのカーガスがいたが恋の一念は恐ろしいものでハリーはリードした。ところがハリーは間違えた路をとっていることを気付いたが運は彼を見捨てず再びリードすることが出来た。かくてハリーは幾度も災難に遭ったがその度に運命は彼に幸いして結局リードしていた。毎日、新聞でハリーが素晴らしい速度で進んでいるのを父アモスは知って悦に入っていた。かくて3週間最後に近くなってカーガスが勝ちそうになったがその折旋風が起こってハリーはその中心に巻き込まれ沙漠を一飛びにすっ飛んで令嬢ベティーの危険を救い第1着の栄冠を得た。そうしてベティーをも彼が得たのはもちろんであった。

作品データ

原題 Tramp, Tramp, Tramp
製作年 1926年
製作国 アメリカ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/7更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 初陣ハリー