TOP > 上映中の映画作品を探す > ウー・ウー・キッド

44年のカリフォルニアを舞台に、人妻と2度も駆け落ち事件を起こした15歳の少年の姿を実話を基に描く。製作はゲーリー・アデルソンとカレン・マック、監督・脚本はフィル・アルデン・ロビンソン、撮影はジョン・リンドレイ、音楽はラルフ・バーンズが担当。出演はパトリック・デンプシーほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

44年のカリフォルニアパーティに出席した15歳の少年エルスワース・ワイズカーヴァー(パトリック・デンプシー)は、そこの女主人ジュディ・クジマノ(タリア・バルサム)の優しさに心惹かれ、彼女が夫のカルロ(トニー・ロンゴ)に殴られアザをつくっているのに見かねてジュディと駆け落ちする。ユマで結婚式をあげる2人だが、デンバーで逮捕、裁判で2度と会えなくされてしまう。しかしマスコミによって一躍“ウー・ウー・キッド”ともてはやされるようになったソニーは、ロングビーチのクリート叔父(ダグラス・ロウ)のところへ預けられることになったが、すぐさま家出してマグロ加工工場に勤めるようになる。そして彼は下宿先で楽天家の人妻フランシーヌ・グラッド(ビヴァリー・ダンジェロ)と知り合い、誰にも知られない所へと再び駆け落ちするが、一夜を過ごした後今度は自首して出た。6年の実刑をうけたソニーは刑務所に入る前に脱走、映画館に逃げ込むが、そこで案内嬢ウェンディ(キム・マイヤーズ)と出会い、今度は2人は結婚した。あれから42年、エルスワース・ワイズカーバーは57歳、健在である。

作品データ

原題 The Woo Woo Kid
製作年 1987年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ウー・ウー・キッド