映画-Movie Walker > 作品を探す > マリアンの友だち

ノーラ・ジョンソンの自伝的小説を彼女と「灰色の服を着た男」のナナリー・ジョンソン父娘が共同で脚色、舞台演出家のジョージ・ロイ・ヒルが演出したアイロニカル・コメディ。撮影は「波止場」のボリス・カウフマンとアーサー・J・オーニッツ、音楽は「大脱走」のエルマー・バーンスタインが担当した。出演は「ピンクの豹」のピーター・セラーズ、子役マリー・スパースティッピー・ウォーカー、「男性の好きなスポーツ」のポーラ・プレンティス、「影なき狙撃者」のアンジェラ・ランズベリー、ほかにトム・ボスレーフィリス・サクスターなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

両親が旅行に明け暮れている富豪の娘バル(ティッピー・ウォーカー)と中流家庭の娘マリアン(マリー・スパース)は親友になって以来、空想と冒険の世界を楽しんでいた。2人に狙われたのがコンサート・ピアニストのオリエント(ピーター・セラーズ)というプレイボーイで、目下人妻ステラ(ポーラ・プレンティス)を陥落させようとヤッキになっている男だった。そして、良いチャンスの時に決まって2人の小悪魔に邪魔され、恐怖さえ抱くようになった。一方、バルは音楽会で自分達が悪戯している男がオリエントと知った途端、彼を恋してしまった。そして、オリエントの膨大なゴシップ帳が出来上った。クリスマスの休暇を娘と過すためバルの両親がニューヨークにやって来た。バルのパーティーに招待されたマリアンは、家庭的に恵まれないバルに同情した。その夜、オリエントのアルバムを母にみつけられ、ひどく叱られたバルは、家出を決意しマリアンの家に行った。バルの母は夫の反対を押しきってオリエント自身に会うことにした。ところが、逆にオリエントに口説かれた。バルは母が怒鳴りこんだのを知って、謝罪するためにマリアンとオリエントのアパートに忍び込んだが、母との唯ならぬ親しさを見て、大変なショックを受けた。帰って来たバルの悲惨な顔色を見、妻がマリアンの母を攻撃する言葉を聞いて、父親はすべてを悟った。オリエントは、その直後に面倒なことを嫌って逃げ出してしまった。バル父娘はヨーロッパに旅立った。春になって少女たちは再会した。お互いに見違えるばかりに容姿は変わっていたが、2人が熱中したのは新しいお化粧法とツイストだった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 The World of Henry Orient
製作年 1964年
製作国 アメリカ
配給 ユナイテッド・アーチスツ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > マリアンの友だち