映画-Movie Walker > 作品を探す > マネキン2

中世ドイツで身分違いの恋をとがめられ、魔法により人形にされてしまったヒロインが、1000年後に繰り広げるロマンティック・コメディ。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・フォアマン。製作はエドワード・ルゴフ、監督は「マック」のスチュアート・ラフィルが担当。出演はクリスティ・スワンソンウィリアム・ラグズデールほか。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 50% (1)
星3つ 100% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

中世ドイツ、バイエルン地方。ハウプトマン・ケーニヒ王国の若き王子ウィリアム(ウィリアム・ラグズデール)は、農民の娘ジェシー(クリスティ・スワンソン)と結婚の約束をしていたが、身分の違いから周囲の猛反対を受ける。駆け落ちに走った二人だったが、女王は魔術師(テリー・キサール)に命じ、ジェシーを人形にしてしまった。その魔法は1000年後に真実の愛に巡り合うまで解けないことになっていた。時は変って1990年のフィラデルフィア。地元のプリンス・デパートに就職が決まったジェイソン・ウィリアムソン(ウィリアム・ラグズデール)は、おカマの上司ハリウッド(メスハック・テイラー)と、ハウプトマン・ケーニヒ王国とのタイアップ・イベントの準備を進めていたが、そのイベントの目玉「田園の少女」こそ、あのジェシーであった。ジェイソンの愛により、魔法から解けたジェシーは20世紀のアメリカを満喫。楽しい日々を送っていたが、魔術師の子孫で、人形を我がものにしようと企んでいた王国の代表スプレッツェル伯爵(テリー・キサール)の魔の手が伸びてきた。追いつ追われつの末、ハリウッドらの協力もあり、ジェイソンはスプレッツェル伯爵を撃退、イベント会場には、逆に人形になってしまった伯爵の惨めな姿があった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Mannequin 2 /on the move
製作年 1991年
製作国 アメリカ
配給 大映
上映時間 91
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > マネキン2