TOP > 映画作品を探す > マニアック(1981)

ニューヨークの夜の街をうろつく殺人鬼を描く恐怖映画。製作はアンドリュー・ガローニウィリアム・ラスティグ、製作指揮はジョー・スピネルキャロライン・マンローの夫であるジャド・ハミルトン、監督はウィリアム・ラスティグ。ジョー・スピネルの原案に基づき、スビネルとC・A・ローゼンバーグが脚色。撮影はロバート・リンジイ、音楽はジェイ・チャタウェイ、特殊メイク・アップはトム・サヴィーニが担当している。出演はジョー・スピネル、キャロライン・マンロー、ゲイル・ローレンスケリー・パイパーなど。

1/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (1)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

冬の浜辺で寄りそうカップル。男が焚木にする小技を集めに行ったすきに、怪人が女の喉を力ミソリで切り、もどって来た男の首に針金を巻きつけた。フランク(ジョー・スピネル)は悪夢から目覚めた。彼の部屋には、マネキンや人形が所狭しとおかれて異様な雰囲気を醸し出している。気分が落ち付くと彼は外出し、娼婦を拾うとホテルの一室へ。突然、彼は娼婦の首を絞めて殺し、力ミソリで頭から髪を剥ぎ取った。自分の部屋へもどると、持ち帰った娼婦のタイツとレオタードをマネキンに着せ、頭に剥ぎとった頭髪を釘で打ちつけ、「こんなことはしたくなかったのに」と言いながらすすり泣く。その後、彼はディスコから出て来て、車のなかでいちゃついていた男女をライフルで惨殺。ついで勤務あけの看護婦(ケリー・パイパー)をつけ、地下鉄の便所で串刺しにする。ファッション写真家アンナ(キャロライン・マンロー)と知りあい、彼女のモデルをしていたリタ(ゲイル・ローレンス)を短刀で刺殺。アンナを母親の墓の前で殺そうとするが、逃げられてしまう。「あなたは悪い子、お仕置きします」という母の声が聞こえ、墓穴から母親の手が伸び、彼の首をしめた。傷ついて部屋にもどったフランク。そして不思議なことがおきた。彼にやられ血だらけになった被害者たちが、彼に襲いかかり彼の首をねじきった。警官がやってきて彼の死体を発見、あまりのおぞましさに部屋を出た時、彼の目が動いた。

作品データ

原題 Maniac
製作年 1981年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド
上映時間 87
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > マニアック(1981)