TOP > 映画作品を探す > 摩天楼ブルース

ロウアー・イーストサイドの薄汚れた町バロー・ストリートを舞台に、仮寝の宿で停泊した1人の船乗りが、恋人、友人を得て町を荒らすチンピラたちに立ち向う姿を描く。製作総指揮はロバート・J・ワンシュ、製作はウィリアム・S・ギルモアとジェリー・ブラックハイマー、監督は「ローリング・サンダー」のジョン・フリントーマス・マイケル・ドネリーマーク・チューリンの原作をトーマス・マイケルが脚色。撮影はリック・ウェイト、音楽はドミニク・フロンティアが各々担当。出演はジャン・マイケル・ヴィンセントテレサ・サルダナフェルナンド・ロペスアート・カーニールディ・ラモスレニー・モンタナダニー・アイエロなど。日本語版監修は野中重雄。カラー、ビスタサイズ。1979年作品。

2/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

明け方のブルックリンの波止場にひとりの二等航海士が降り立った。彼トミー・ギャンブル(ジャン・マイケル・ヴィンセント)は一等航海士といさかいを起こし6カ月の停職処分を受け、この町の船員組合を訪ねに来たのだった。知り合いのバーテンダーに安アパートを見つけてもらったトミーは、このうす汚ないロウアー・イーストサイドのバロー・ストリートで、次の船が決まるまで居つくことにする。ひょんなことで知り合った上階に住むマーシャ(テレサ・サルダナ)はエキゾチックな黒髪の美女だ。雑貨屋に買物に行ったトミーは、そこの主人エイブ(アート・カーニー)から、この町がプエルトリコのチンピラたちに荒らされ、人々が苦しめられていることを聞く。そのグループ“ソール団”のリーダーは黒いスペイン風ハットのエンジェル(ルディ・ラモス)。ある日、エイブがソール団に襲われた。誰もが彼らの報復を恐れて拒んでいた警察の告発状にエイブがサインしたからだ。マーシャは、こんな町は出ていきたい、と嘆いた。そんな彼女をなぐさめようと、トミーは屋上に小さなビニール・ハウスを作るが、それも、ソール団の手によってメチャメチャにされた。怒った卜ミーはソール団の数人を叩きのめすが、それを根にもったエンジェルがお前を殺すとトミーに告げた。深くかかわってしまったことを後悔するトミー。そして旅立ちの日がくる。仲よしになったキッド(フェルナンド・ロペス)も、マーシャも涙をこらえている様子だ。トミーの船が出港する寸前、ゴミ捨て場でトミーが父親と慕っていたワコ(レニー・モンタナ)の死体が発見された。トミーは船を下り復讐を誓った。夜、ソール団に挑むトミーら数人。形勢不利の中で、しかし、それまで影をひそめていた住民たちの予期せぬ協力で、エンジェルたちを倒すのだった。(松竹=富士映画配給*1時間43分)

作品データ

原題 Defiance
製作年 1979年
製作国 アメリカ
配給 松竹=富士映画
上映時間 103
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 摩天楼ブルース