映画-Movie Walker > 作品を探す > ウォーキング・トール

実在したシェリフ、ビュフォード・パッサー(1938~74年)をモデルに、悪と戦う不屈の勇気を描く。製作・脚本はモート・ブリスキン、監督は「サイレンサー 沈黙部隊」のフィル・カールソン、撮影はジャック・マータ、音楽はウォルター・シャーフが各々担当。出演はジョー・ドン・ベイカーエリザベス・ハートマン、レイフ・ギャレット、ジーン・エヴァンスローズマリー・マーフィーノア・ビアリーなど日本語版監修は和田真知子。テクニカラー、ビスタサイズ。1973年作品。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

プロレスラーの不安定な生活に見切りをつけたビュフォード(ジョー・ドン・ベイカー)は、妻ボーリン(エリザベス・ハートマン)と長男マイク(レイフ・ギャレット)を連れて故郷のテネシーに帰ってきた。ある日、幼なじみのルーティにさそわれ、町はずれのバー“ラッキー・スポット”へ行った。ビュフォードはルーティがいかさま博打にひっかかっているのに黙っていられず、大乱闘が始まった。だが多勢に無勢、打ちのめされて草むらに捨てられた。煮えきらない保安官ターマン(ジーン・エヴァンス)の態度が、ビュフォードに何かを決心させた。保安官選挙に立候補するといい出した夫に、ボーリンは気をもんだ。選挙が近づくと、ターマンはスピード違反の名目でビュフォードを捕らえようとしたが、運転を誤り、死んだ。保安官に当選したビュフォードの初仕事は密造酒の摘発で、“ラッキー・スポット”一味の本拠地に棍棒一本の丸腰で乗り込んだ。彼の捜査に、一味の報復もエスカレートし、殺し屋が家でくつろぐ彼を狙った。一味のボス格のコーリーは執拗にビュフォードの命をつけ狙った。ある日、密造所があるという密告があり、ボーリンを連れてパトカーで出かけたが、途中で待ち構えていた一味のために妻は殺され、彼も瀕死の重傷を負った。病院は重苦しい空気に包まれた。一人の男の死はこの町の正義が死ぬことだと、つめかけた町民たちは思った。そのとき、長男のマイクが自分の背より高いライフルを握りしめて現われた。その後姿は、この戦いがまだ終わっていないことを物語っていた。(MGM映画=松竹・富士共同配給1時間43分)

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Walking Tall
製作年 1973年
製作国 アメリカ
配給 MGM映画=松竹・富士
上映時間 103
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ウォーキング・トール